自己紹介

茨城貨幣研究会会員です。主に現行貨幣を収集しています。特に10円青銅貨の手変わりに関するものにはまっています。喀龍氏の存在の報告はあるが現品未確認のもの(昭和56年Bd型)、昭和59年Cb型の未使用、未見品、より状態の良いもの、令和4年10円通常貨幣やプルーフ貨幣などを探しています。
10円プルーフ貨幣のうちで「日本貨幣カタログ2022」に掲載されていない昭和62年 10円プルーフ Ce型 階段石垣耳石切れ目:有 をネットオークションから入手しました。上のアイキャッチ画像がそれです。なお、分類方法は収集家独自の分け方があり今のところ統一されていません。『収集』誌、日本貨幣協会「貨幣」に投稿したいと考えております。茨城貨幣研究会例会で拡大鏡を使って見てもらいました。まだ、複数のコイン鑑定士には見ていただいていないので価値や真偽鑑定結果はわかりません。
最近は偽造できない日本銀行券の発行や造幣局の技術が世界でも1,2を争うほどに高度な機械を持つようになったことに加えて、工芸官の技術が熟練されて正確な種印と極印を作成できるようになったので図案の異なる貨幣は全く見られません。
しかし、昭和27年から平成16年までの一部の年号には微妙に図案の異なる貨幣を拡大鏡でも見ることができます。プルーフ貨幣にも昭和62年から平成16年まで一部の年号には見ることができます。これを収集家仲間では「手変わり」と呼んでいます。近代金貨、近代銀貨などでは書籍も発行され日本近代銀貨研究会では盛んに活動をされておられます。推測ですが、造幣局では異なった図案ができてしまったことに関しては公式に発表しないのだと思われます。
タイトルとURLをコピーしました