昭和36年銘稲100円銀貨が届く

メモリーゴールドさんより昭和36年銘稲100円銀貨の手替りで下ヒゲが短いものが到着する。画像では確かに下ヒゲが短いように見えましたが、拡大すると薄くつながっているようにも見えます。

コイン業界では近代銭の銀貨でかすが詰まったため残存が見えるものと完全に見えないものでは評価が異なるそうです。コイン業界ではこのような解釈をされています。

手変り番号s36-①-1

下ヒゲ:長いに属すると判断しました。

S3622_2

「近現代の日本のお金」手変りの著者に詳しくお聞きしたいのですがどのように思われますか。貨幣研究会に持参しようと思います。夜になるとコオロギが泣き始めました。いよいよ秋の到来です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました