論文は投稿しない

長い間パソコンに向かっていると一生使う大切な目を傷めるため論文は提出しないことにしたが今後どうなるかは不透明だ。数か月も論文を作成していることはかなり厳しいが高価な貨幣に資金を使わないで済むためこのことが利点だ。つまり、論文を作成することで貨幣を買わなくてもいいということを意味する。要は自分が満足すればよい。
集めている貨幣はライバルが増えるため内緒だ。「収集」誌に書かれていた。一方、意識的に手変わり分類を普及されている論者も存在する。
最近、熱中症になり意識を失ったが2,3日後までも影響するため静養する。急に暑くなりました。7月の最高気温。

コメント

  1. 5円玉コレクター より:

    パソコン用メガネ青色33%カットがよいように思います。値段も手ごろです、
    長時間画面を見る時使用しています。ボチボチでかまいませんのでお待ちしております。
    61年後期のみがもてはやされるのは、喀龍先生をはじめ業者及びコレクター一段となり
    押し上げたようです。私も機会あるごとに積極的に普及活動を行っております。

  2. しろねこ より:

    5円玉コレクター様

    まず、集められる「収集」を読み、掲載されている文章の書き方を掴む。「財政学」貨幣の供給メカニズムの書物と照らし合せて内容が可及的重ならないようにする。貨幣の歴史、中央銀行券、政府発行補助貨幣の書物も読み内容を理解する。

    できるだけがんばってみます。

タイトルとURLをコピーしました