【手変わり品】平成9年 後期 Ci型(タイプ)

GWも後半になりゆっくりと休んでいます。今日は天気が変で雹、雨があり窓を閉めました。
昭和27年銘10円青銅貨は前期のめんどり(鳩型鳳凰)、後期のおんどり(鶏型鳳凰)の手変わり2種から成る分類がすでに確立しており、近代貨幣手変わり研究会会長の枝重夫氏により「ボナンザ」誌上に発表されている。また、昭和61年銘「前期」と「後期」においては「日本貨幣カタログ」上でもすでに分類記載がされている。「後期」は人気のある稀少手変わり品となっている。

ここでは最新の「10円青銅貨に関する手変わり」情報として、「日本貨幣カタログ1993 特集」の分類を基本に、近年新たに確認された新手変わりなどを可能な限り漏れなく加え、初級~上級者向けの主要分類(基本大分類、小分類)を分けて分類表を纏め直した。
本来であれば、中級~上級者向けに細分類をするのが普通であるが現行貨幣の手変わりは日本近代銀貨研究会の100円銀貨(鳳凰、稲、第1次東京オリンピック)しか本格的に分類・研究されておらずコイン業者さんでも手変わり表示されていないものがほとんどであるため、10円青銅貨の手変わりの細分類に関しては割愛した。
将来、10円青銅貨の手変わりが盛んに研究され、細分類されたときに改訂・改良したいと考えている。多くの収集家が分類方法に関する意見を出していただきなるべく意見を取り入れていきたいと考えている。

基本的な分類に関する考え方や分類番号、語句の使用法については、神吉廣純氏が執筆された「収集」2006年9月号、19頁に、可能な限り準拠するように努めた。但し、神吉氏の研究成果は最近のものは含んでおらず、鈴木和三郎氏が分類を引き継いでいる。また、鈴木氏の「近現代・日本のお金」のWebページも参考にさせていただいた。
しかし、筆者が未見のものも含まれているため割愛させていただいた個所もある。例を挙げると、①昭和54年左隅楼軒先:細い2本線、左裳階:枕無し、②平成10年左露盤:切れ目有、階段切目(片側):左無し、右有り③平成10年左露盤:切れ目有り、階段切れ目(片側):左有り、右無し の3種は調査中であり、見つかれば大発見と考えている。
やはり、神吉氏の分類表が「日本貨幣カタログ」に掲載されたことが大きく、信用度も高いと考える。昭和56年 Bd型(タイプ) 枕:上下無し は信頼できる報告者のものであるか不明だが存在すると信じて調査を続けたい。
◆平成9年 後期 Ci型(タイプ) 
本タイプは平成8年銘は少なめ、平成9年銘、平成10年銘は通常貨では未見(ミントのみ確認済み)、平成11年銘は稀少の約4年間にわたり使用された刻印。
特徴項目は「左露盤切れ目:無」「階段切れ目有り」。存在率は平成9年前期のCh型(タイプ)と比較して大きな差はなく、プレミアム的な差異もない。
20180504_20h14_44
20180504_20h16_27

コメント

タイトルとURLをコピーしました