「新500円硬貨」が浸透しないわけ

昨年11月に500円バイカラークラッド貨幣のデザインが21年ぶりに変更された。材質も昭和57年にわが国で大量に流通されている岩倉具視500円紙幣を硬貨にすることになった初代の白銅貨、韓国の500ウオンの自動販売機荒らしが発覚したため、造幣局では当時の偽造防止技術を盛り込んだ二代目のニッケル黄銅貨を製造・発行した。

そして、令和3年当初に発行される予定であったが新型コロナウイルス感染により11月に延期された。最先端の技術を盛り込んだ世界でも類を見ない異形斜めギザ、微細文字、潜像の500円貨幣が登場した。やはり、時代の進むにつれて偽物も作られやすくなり容易には貨幣が作られないように工夫したものが製造された。

ところが、流通が始まって5か月以上が経つが、いまだに使えない場所が多いという。新500円硬貨に対応させるには多額のコストがかかるのが最大の要因。数千万円の費用が掛かる。

バスは「使えないと乗れないことがあるため、公共交通機関としてはなるべく使えるようにした」という。

他の業界では、まだ、多額のコストをかけてまでも対応させるようにするのは難しい判断であるため、従来のままだという。流通量が増えてくれば対応しなければならないという。

費用とのバランスを見ながら、慎重に判断したいという。

今はコンビニなどで使わないと、使えないことが多いという。

私は貨幣の収集家なので令和3年銘の500円バイカラークラッド貨幣を1枚持っています。金融機関で原価で取り換えてもらいました。50枚ロールでも1本持っています。

まだ、お釣りでは見かけたことがありません。さすがに。

昭和25年に製造が開始された10円洋銀貨幣も大量に流通されている10円紙幣を回収して半永久的な貨幣と取り換えることが目的で、十分な製造量になるまで造幣局の倉庫にしまっておいた。だが、昭和25年6月に勃発した朝鮮戦争によりニッケルを含む洋銀の使用も制限され、昭和25年と昭和26年の両記年のものがあるが日本銀行窓口からは遂に一枚も発行されなかった。いわゆる未発行に終わった。「日本貨幣カタログ」の不発行ではない。

今回の500円バイカラークラッド貨幣はどこかに眠っているに違いない。しばらくすれば必ず出てくる。稀少性は全くない。

2024年に紙幣の図案が一新するのにそれまで待つところもあるという。今、改修作業をしてもその時に費用が掛かってしまう。

ある店では旧500円を常に用意しておき、500円バイカラークラッド貨幣とその都度、交換して対応しているという。

昭和57年に発行された初代の500円白銅貨は金融機関に入金されたら日本銀行に回収されるため、二代目500円ニッケル黄銅貨幣だと思う。稀少価値はまだない。今度発行されるであろう「造幣局150年史」にこのことが間違えなく記載されるだろう。

参考文献

日テレNEWS 2022年4月11日

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました