古いカメラを売る(リサイクルショップの価格が正しい査定額です)

父のカメラ(相当に古く年代物)を買い取りしてくれるか分からないが広告に買い取りいたしますとあったので自信を持ってお店に行く。
ニコンのカメラが有り。
ところが店頭では無料とのこと。カビが生えていて工場に持っていかなければ修理できないと言われる。修理代で差し引きゼロという査定でした。
全部のカメラは修理をすれば使えます。

カメラは趣味の問題で、撮影できなくてもそのカメラが欲しい人も全国を探せばいるはずだ。写真機としての機能は果たさないのだが、駒のように観賞用に収集されている方(マニア)もいるはずです。

査定額はゼロということで別のリサイクルショップに行く。
店員は「これだけあってもこのくらいにしかなりません。」というお返事。
カメラにはお金をかけていたがこの額にはびっくりしました。
ヤフーオークションでクレーム処理無しで取引したほうがいい。

結局、2番目の大手リサイクルショップで交渉成立。

趣味なので仕方がないが、カメラというものはすぐに撮影できなければ引き取らないことも勉強になる。2番目のお店でようやく引き取ってもらえた。
もし、そこで換金できなければ無料でもいいと覚悟していた。

駒も同じでリサイクルショップで査定してもらえば、ヤフーオークションの額がいかに高いか分かるだろう。リサイクルショップの査定額が正しいと実感しました。

毎週開催されている有名なオークションでの開始価格が正しい価格なのかもしれない。
著名な駒師の盛上駒でさえその程度でしか引き取らないだろう。
「カメラ」と表示されているお店でさえあの価格なので、駒はなおさら言えるに違いない。

柿木の将棋ソフトウエアはしばらく更新しないと見ていたら柿木将棋 for iPhoneiPhone/iPod touch用のページが更新されていました。

筆者はiPhoneもiPod touchも買う予定はありません。

参考
iPhone/iPod touchゲームレビュー集 将棋アプリ編

では。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました