豊島字母帳

字母について文献をはじめWEBでまとめている。昨年の天童将棋駒祭りで伝統工芸士の国井天竜師が字母をはさみで切り駒製作をしていた。版木やハンコで字母を作り、和紙に転写して使用していた。

豊島字母帳の字母が有名です。字母とは筆で模写するものと勘違いをしていました。

参考文献 増山正人「将棋駒の世界」中公新書、2006年。

寒さが厳しくなりました。つまらない話に付き合ってくださり感謝をすると同時に、応援してくださった皆さん、今年一年ありがとうございました。

柿木定跡の追加をしていると、駒の正確な動きが分かり勉強になります。棋譜観賞と違います。

読売新聞社説によると、著作権法に「権利制限の一般規定」(日本版フェアユース規定)を設けるよう求めた文化審議会の報告書がまとまった。「著作物の軽微で付随的な利用」などを認める一般規定の導入を決めた。

例えば、背景に名画が写ってしまった写真をブログに掲載できることや、漫画キャラクターの商品化を企画する社内会議で漫画のコピーを配る行為などを許容される。

ネットを通じてコンピューターにアクセスしデータを保存する「クラウドコンピューテイング」での著作物利用についても検討を急ぐべきだと報告書は求めている。

著作権思想の普及です。日本は著作権法が作られて歴史が浅く判例の蓄積がない。

廃虚を題材にした写真を巡り、撮影場所や構図をまねされて著作権を侵害されたなどとして、原告の写真家が、被告の写真家に約630万円の損害賠償と写真集の販売差し止めなどを求めた訴訟の判決が12月21日、東京地裁であった。裁判長は「同じ被写体でも色合いなどの違いがあり、全体の印象は大きく異なる」と述べ、原告の請求を棄却した。

原告は昨年1月、被告の写真集に掲載された旧変電所や鉱山跡地の廃屋など5点の写真が自分の作品と似ているとして提訴。訴訟で「廃虚を見つけるには多大な時間や費用がかかるのに、自ら発掘したように発表された」と主張したが、判決は「廃虚の撮影に制約はなく、最初に発見して取り上げても法的保護には値しない」と判断した。

原告の代理人の弁護士は判決後、「廃虚写真というジャンルの本質を理解していない判決で、承服できない」と述べ、控訴する意向を明らかにした。(読売新聞)

コメント

タイトルとURLをコピーしました