第33回小学館杯小学生将棋名人戦

石岡市民文化会館で開催された第33回小学館杯小学生将棋名人戦に見に行きました。

人数ですが、思ったよりは少なかったです。京成大会よりは少ない。

水戸駅(公共の建設物は著作権法上、問題無い)

石岡駅

石岡駅(つづき)

石岡市民会館(会場)

つづき

戸部四段と佐藤和俊五段の両先生に指導していただきました。戸部先生はねんりんピック茨城でお会いしたときと比べて貫禄がありました。親切に解説もしてくださいました。指にリングがありました。

佐藤和俊先生は前にNHK杯の記録・秒読みをされていたので知っていました。イケメンの方でとても親切に指導してくれました。頭が切れるようになりました。

「はまぎく将棋教室」や水戸・京成大会で見た生徒や親もいました。親も熱心ですね。プロになれば趣味で先生と呼ばれるようになり、立派な職業にもなります。

戸部誠四段:本人の了解を得ています。やはり、将棋を指している姿がお似合いです。

佐藤和俊五段:本人の了解を得ています。手つきが素晴らしい。美しいです。

佐藤和俊先生とツーショット写真:本人の了解を得ています。

戸部誠四段:「気力」

佐藤和俊五段:「竜驤虎視」

仲田正夫連合会長様、鴨志田稔連合会副会長様、宮本良之・幹事長、石岡棋友会支部長様、楽しいひと時をありがとうございます。設定・後かたずけが面倒なような気がします。役員の方は大変でしょうが高給取りなので趣味の一つとして引き受けられているのだと思います。何もできずすみません。趣味にもお金がかかるのですね。よくわかりました。

「女流棋士との親睦将棋会2008」の代金を払い込む

前から気になっていた「女流棋士との親睦将棋会2008」のチケット代金を払い込みました。

無事に「大井町」のきゅりあんまでいけるか不安です。

肖像権、著作権の問題に注意します。

詰パラを解く。29日の指導対局に備える。

ブログも今朝、みのもんたが日記はどうか、全世界に向けて発信しているのはどうなのかと疑問に思っていましたのでできるだけ控えるつもりでいます。

3月23日の第1回大和証券杯・ネット女流最強戦決勝・大盤解説会の会場となった東京グラントウキョウノースタワーにて

大和証券杯ネット最強戦の勝利者当てクイズにて当選しました

大和証券杯の色紙・サイン本など

23日に現地で行われた大盤解説で帰り口で竜王と鈴木環那先生にお礼を言うのを忘れてしまいました。
色紙サインをゲットできるチャンスだったのに...後方に大勢の人がいたのでもう少したってからでもいいかなどといううちに優勝された甲斐女流二段の囲碁将棋チャンネル(おそらく)様、多くの報道関係者のインタビューが始まり、そちらに気を取られているうちに終了したようです。両先生方、どうもすみませんでした。今度、色紙サインお願いします。それから、加賀さやか先生の色紙もお願いします。

さて、当日色紙サインを運よく書いて頂いたものを紹介します。お時間がないのに書いていただき感謝をしております。

デジカメで補正したり、HPB11の機能で見えない透かしラベルを入れてみました。できているでしょうか。

画像を拡大する方法は少しお待ちください。この方法で様子を見てみます。


中川大輔理事・七段、「戦氣」

西村一義理事・九段、「無心」

谷川治惠女流棋士会長。お話できてよかったです。
親睦会に参加します。

関根紀代子女流四段。無理に書いてくださったようで本当にありがとうございます。


サイン本(八重洲ブックセンター本店にて定価で購入)、棋力にあわない書物を選んできてしまいました。
また、東京のブックカバーのデザインはあか抜けしています。

内藤國雄九段「のびのびしみじみ7手詰」

所司和晴七段「仕掛け大全・居飛車編」

片上大輔五段「3手1組プロの技」

今日もワンクリックお願いしますm(_ _)m →

大和証券杯・ネット女流最強戦に行く

東京駅日本橋口にある大和証券杯・ネット女流最強戦決勝に行ってきました。渡辺竜王が大盤解説をされ、鈴木環那先生も聞き手で解説もされていました。
途中、関西のエンターテーナーの神吉先生が鈴木先生に代わり解説されました。将棋世界に掲載されていたことも交えてお話ししてくださいました。鈴木環那先生はお若く笑顔が絶えずお話も上手で、また渡辺竜王の解説も言葉の表現が的確でとても楽しい日を送らせてもらいました。

大和証券本店ビルにて

来賓客として、米長会長、西村理事、中川理事、谷川治恵女流棋士会長、関根紀代子先生が見えました。

西村理事、中川理事、谷川女流棋士会長、関根先生に色紙サインを書いていただきました。後で画像をUpします。

会場のグランド東京ノースタワーがわからずにガードマンに聞いたこと、東京駅はわかりません。

デジタルカメラ持参と色紙サインOKかの電話を入れて確認しておきました。ネット対局は夏の将棋まつりや席上対局と違い別の階(大盤解説会は18階、対局場は確か20階だったと思う。)ですることはわかりませんでした。はじめて大盤解説会に参加したのでどういうものなのか分かりませんでしたがようやくわかりました。

将棋の内容は序盤から矢内名人の不利で不本意な一局でした。

優勝者当てクイズに会場内であり、抽選で3名様に優勝の甲斐先生と写真を撮らせてもらえるプレゼントがありました。矢内名人にしたので外れました。

終局後、ドリンクの時間がありましたので別の部屋に移動したほうがよかったかも知れません。

勝利者インタビューの後、第1回大和証券杯・ネット女流最強戦の初優勝の甲斐先生と握手をして帰りました。

「将棋世界」の編集長の田名後氏も来られていて、5月号(たぶん)に掲載されるという。立ち話で聞こえました。田名後編集長にはお礼をして帰りました。

帰り、八重洲ブックセンターB1Fに寄り、「将棋」のサイン本を3冊買いました。本の状態ですがこのキャンペーンは1日から31日までやっているのでほとんどは売れ切れて無いのだと思いましたがほとんどのサイン本は店頭に並んでいました。ブックカバーに爪痕や汚れはありませんでした。「光速の詰将棋」は品切れでしたがきれいでしたので大満足です。お薦めです。地元で一番大きな書店では夜立ち読みが多く帯無やカバーに爪痕や折れ曲がりがあったりなどひどい本が多かったです。

内藤國雄九段「のびのびしみじみ7手詰」
片上大輔五段「3手1組プロの技」
所司和晴七段「仕掛け大全・居飛車編」

を購入。これも後でUpします。

自宅で大和証券杯・ネット女流最強戦決勝の棋譜を見ましたが、コメント(解説)は同じだということがわかりました。

デジカメの練習でした。

今日もワンクリックお願いしますm(_ _)m →

医院に行く

地元の医院に行く。そこに「茨城新聞」があり今日の懸賞詰め将棋の配置を写す。

懸賞詰め将棋を解く。無事に解けたようでよかった。

写真を拡大する方法、分かりましたので今度やってみます。

今日もワンクリックお願いしますm(_ _)m →

ブログにランキング、お気に入りなど追加したい

このブログは人気がないのでリンクアクセスランキング天気予報などつけようと思う。使い方は細かく順序があり一人でも作れると思う。写真もできるだけ控え目にしようと思います。掲載したとしても拡大できるようにしたい。

第1回ペア将棋選手権をネット観戦しています。生でないと雰囲気はわからない。

ネットのレーティグを上げて「次の一手」で色紙をゲットできればいいのです。日々の努力を欠かせない様にします。

今日もワンクリックお願いしますm(_ _)m →



「データ集」のこと

「柿木義一さんの応援HP」のメインは柿木氏のフリーウエアであるKifu for Windowsの「データ集」です。
近いうちに更新します。

中原誠十六世名人、「永世棋聖」、「永世王位」を名乗る(4月1日付)。

稲葉陽四段誕生(4月1日付)。
田中悠一四段誕生(4月1日付)。

武市三郎六段フリークラスへ降級(4月1日付)。
中尾敏之五段フリークラスへ降級(4月1日付)。

菊池常夫七段、今季限りで引退(3月31日付)。
加瀬純一六段、今季限りで引退(3月31日付)。

室田伊緒女流初段に昇段(4月1日付)。
熊倉紫野女流1級に昇級(4月1日付)。?

山口恵梨子新女流2級に(4月1日付)。

以上、3月19日現在。

4月6日、アマ竜王戦茨城県大会で真田圭一七段が来るという。指導対局に加えて色紙サインは書いてもらえますか。自分で水戸支部長まで電話をしなければいけません。勝手に色紙をこのブログに掲載してもよろしいのでしょうか。棋士に無断でです。

まだ、分からないことが多い。

茨城県支部連合会の人選があり新任が決まりました。半分の氏名と顔が一致します。人柄が気に入りました。
4月以降も宜しくお願い申し上げます。

今日もワンクリックお願いしますm(_ _)m →

デジカメ

デジカメのメモリがいっぱいになったので全消去しました。メモリが入っているのに少ない枚数です。よく説明書を読んでみます。撮影できた枚数は全部で217枚でした。

景品・2
見本誌を送っていただきました。

北海道将棋連盟ブックス
⑤こまのはたらき

⑥こまのひらめき

⑧こまのいななき

⑨こまのときめき

⑩こまのうたがき

⑪こまのひととき

まだどこかにあると思いますので見つかり次第Upします。

「詰パラ」の解答、いただいたものなど

昨日も書きましたが「詰パラ」は非常に難しく理解ができない問題も多い。懸賞があり、誌代1か月分や詰棋書、呈賞2名などがあり適しているがこれだけ懸賞詰将棋があるとうんざりします。

懸賞で当選したもの

①茨城新聞・懸賞詰め将棋に当選(この粗品をもらうのに電話2回、メール1回出しました)

クロネコメール便で昨日送られてきました。はがき代から500円の図書カードくらいでないと元が取れません。

②冬眠蛙さんの手紙(詰パラでもご活躍されています)

③三宅英治氏の懸賞詰め将棋
(個人情報は伏せてあります)。

④第20期竜王戦7番勝負、応募しました

⑤女流棋士会から親睦会の案内

⑥つづき

⑦日本女子プロ将棋協会様よりファンクラブの案内

⑧第21回アマチュア竜王戦の案内(個人情報は伏せてあります)。

⑨LPSA様より3月のイベントの案内

「詰パラ」を解きました

昨日届いた「詰パラ」を解く。非常に難しい。詰め将棋本は何冊も解き、同じ手数のものもたくさん解いたのに実際に将棋盤で駒を動かさないと理解できない。
特に、合駒の仕方が読めない。柿木将棋で検討しているのですが解が出るまで時間がかかるものが多い。
NHK杯決勝を見る。佐藤二冠の2連覇になった。
23日は女流棋士出場者決定戦を放送するらしい。タイトル保持者で女流枠1つを争うわけです。生放送のときには「まだ出場者は決まっていません」というアナウンサーのコメントでしたが、同じ日に大和証券杯・ネット女流最強戦の決勝戦に矢内理絵子女流名人が出場するので既に決まっているに違いない。女流対決が見たいのですが重なってしまいました。

「茨城新聞」より懸賞詰め将棋の粗品がクロネコメールで届きました。
あす、画像をUpします。