親睦会3

親睦会2008の続きです。

第2部のチーム対抗リレー将棋に参加できませんでした。ただし、「次の一手」と「投了者当てクイズ」の2枚が使えなかったので、NHK将棋トーナメントで有名な荒木三段に「(ぐるぐる将棋の途中ですが)投票しに行ってもかまいませんか?」と聞きました。

いいというので適当に投票箱に入れ(時間が無かったためです)、ぐるぐる将棋を再開しました。投了まで時間がかかる。すぐに終わってしまい、チーム対抗リレー将棋に参加したかったほどです。チャリテイーサイン会の引換券が必要などとのアナウンスがありました。

お手軽なあるものとはパンフレットでした。500円です。
閉会式では長沢千和子女流四段の歌でした。美空ひばりさんの歌。隣には矢内名人が座って聞かれていました。アンコールがありました。プロの歌手程ではなかったですが写真の枚数が残っていたので数枚撮影しましたのでしつこいと思われたかもしれません。

総合司会:高橋和女流三段:素直に応じてくだいましてありがとうございます。

矢内名人と(すみませんでした)

定価で売られていました。

つづき

村田智穂女流初段と:どうもありがとうございます。

飯野愛育成会員:スタッフで色紙も売られていました。29日の二子玉川花みず木フェスティバル 「世田谷花みず木女流オープン」 では頑張ってきてくださいね。

中村真梨花女流初段:中原将棋桜まつりでもお会いしましたのでありがとうございました。

熊倉紫野女流1級:読み上げをやられているのできれいでした。現在、早稲田大に在籍中。

中原将棋桜まつりのときの中村真梨花初段。

囲碁将棋ジャーナル「将棋まるごと90分」の山田史生氏の姿を確認しました。

加賀さやか先生は今日は来ていませんでした。受付の荒木奨励会三段に確認していただきました。

最後の「お楽しみ抽選会」では激指7(PCソフト)、しおんの王(任天堂DS)、バッグ、など、有名棋士の直筆色紙10枚(森内、羽生、深浦王位、米長、中原、ほか)、「次の一手」では10名、「投了者予想」で5名。

女性、小・中学生にはもれなくプレゼントあり。

当日参加されなった植村坂東香奈子鈴木環那竹部林まゆみの先生より賞品がお一人ずつありました。

ひとまずこの辺で失礼致します。

親睦会2

4月26日に開催された「女流棋士会・親睦会2008」の報告をします。

会場には時間より早めに着きましたが、きゅりあん7階にエスカレーターで上るとまだ受付が始まっていなかったせいで大勢の人がエレベーター付近まで列を作り順番を待っていました。この順番で指導対局の相手が決まるという話です。

定刻の10時に受付が始まり、指導対局のカードを渡してくださいました。

開会式の後、会場内で番号を探すと駒箱に女流棋士の似顔絵が貼ってある席がありましたのでそこで指導対局が始まるのを待つことにしました。

ほどなく隣の千葉涼子先生をはじめ大勢の先生方が入場され対局が始まりました。

1回目の指導対局だったので12時前までかかったと思う。BIGLOBEの週刊ニュースフラッシュで知っていたので伊藤明日香先生のことはよくわかっていました。詰将棋作家の伊藤果プロの娘であることも知っていました。着物で対局されました。対局しているうちに暑くなり水分が欲しくなる意味がよくわかりました。

指導対局が終了したら、席上お好み対局です。
お客様代表と清水市代倉敷藤花・女流王将の対局、佐藤天彦四段の解説です。1回目の対局は解説が戸部誠四段でした。

戸部四段:会場内でお会いしました。

早水千紗先生

大勢の女流棋士の指導対局中の写真は撮影できたのですが本人の了解がないので掲載することができません。

本田小百合先生他大勢います。特に着物が似合っていました。随分と高い着物だろうと思いました。

岩根忍プロ:大盤解説の聞き手

これで司会の高橋和女流三段が「午前の部は終了します。2時(14時)から第二部は始まります。

会場

軽食券でパンとペットボトルのお茶を引き換えました。
軽食とあったのでフェスタのときのようなランチのようなものかと想像していました。

2時になり出演女流棋士紹介があり、写真撮影の時間がありました。このとき伊奈川プロの姿はなかったと思います。

チーム対抗リレー将棋の準備中にぐるぐる将棋の番号を呼ばれたので対局しました。このとき、確かに伊奈川プロとは2,3回指しました。将棋盤と赤い名札を眺めていたのでよくはわかりませんでした。

山田久美女流三段が最後で感想戦に入りました。先生にはCDの発売日のことや色紙はいつごろ書かれたのかのことでお聞きしたかったのですが聞けませんでした。ブログに掲載していいのかも言えませんでした。

チャリティーサイン会では文字が上手で中原将棋桜まつりでもお世話になりました早水千紗女流二段の色紙を買いました。2000円でした。5000円だと思いましたので一番あとになりわかりました。特価だったのですね。里見香奈初段(将来の名人候補)と千葉涼子女流三段(元タイトルホルダー)の色紙が欲しかったです。ちなみにタイトルホルダーの清水市代二冠、斎田晴子女流四段、矢内理恵子女流名人の色紙は5000円、その他の女流棋士は2000円でした。

きらりっこ3人は写真撮影に群がっていました。とてもきれいでした。撮影はしましたが許可を得ていないのでこれも掲載できません。

早水千紗女流二段の色紙

当日のパンフレット

矢内名人は今日、取手市福祉文化センター多目的ホールで指導対局と無料のサイン会をしました。明日は岡崎将棋まつり前夜祭、当日と休む暇がありません。

では。

女流棋士との親睦会2008に参加してきました

東京都品川区、JR京浜東北線 大井町駅中央駅より徒歩1分、中央口を出て左側にデパート丸井があります。丸井と同じ建物です

恒例の「JR大井町駅」、余裕で到着できました。

きゅりあんの案内図、この看板を見て安心しました。

指導対局券・伊藤明日香先生になりました。

伊藤明日香先生は指導対局に少し遅れ開始時間が遅れてしまいました。隣にいらした千葉涼子先生は「この場所には着いています。代わりに始めてもいいですよ」といわれていました。

将棋盤駒(清水市代2冠との席上指導対局では特上盛上駒:数百万円相当、駒木地が違っており、表面の漆がすり減っていました。この盛上駒が使われていました)、使いやすい盤駒セットでした。

指導中の伊藤明日香先生。(すべてご本人の了解を得ています。)

駒落ちで飛車を取られてしまい時間切れでこちらの負けでした。それにしても1回の指導対局に1時間もの時間をかけてくださいました。ありがとうございます。

お隣で指導されていた千葉涼子先生。「ブログに掲載してもいのかなあ」という意味を言われました。聞き慣れた話し方・声の高さで感激。

まだあります。

日本女子プロ将棋協会様のイベントに不参加

日本女子プロ将棋協会(LPSA)協賛の横須賀将棋at浄土寺に参加できませんでした。

My駒キャンペーンとして駒箱にサインを無料でしてくださるという。横須賀はこちらから遠く、交通費もかかり時間もかかるのであきらめました。

おそらく参加者が多いので指導対局も何もしてくれずにデジカメだけの撮影になりそうな気がしました。約200名以上らしいがこの人数で指導対局と駒箱サインはできたのだろうか。

プロ棋士が茨城に来るが遠方ばかり。

「茨城新聞」懸賞詰将棋に当選!

本日付の「茨城新聞」で第580回の懸賞詰将棋に当選していました。ラッキーでした。城里支部長の小林宏様もありました(たぶん)。あとで画像をUPしたいと思います。

おもちゃ箱の展示室にも3月号ですが当選しました。
TETSU様どうもありがとうございます。

谷川浩司「光速の詰将棋」、日本将棋連盟、2008年。

こちらは朝から雨が強く外にも出れないくらいです。

あっ、昨日の「読売新聞」に広津久雄九段がお亡くなりになったことを知りました。普及に尽力されていたようで頭が下がります。

Kifu for Windowsのデータ集も改めておきますね。

個人的な意見を述べさせてもらうと、新聞将棋や近代将棋の選択により実力のない人が正式免状の申請をしてくれると連盟としても助かるのだろうと思います。

私は、指将棋はプロ棋士もしくは席主(将棋普及指導員)に卒業ですと言われるまで免状は申請しないことに決めています。

将棋クラブ24で何点とかを総合して決めたいと思っています。

5月5日、第52回小・中学生将棋大会、場所:京成百貨店に本田小百合女流二段が来るという。色紙サインとデジカメを忘れずに持っていこう。

第2回大和証券杯・ネット最強戦も5月4日より始まります。

では。

「中原商業・桜まつり」に参加

川崎市立新城小学校体育館で「中原商業桜まつり」が開催されました。参加してみましたが、初めに驚いたことは無料の指導対局(合計で3回ありました、抽選)者がものすごくいるということです。結局、3回とも抽選に外れていまい指導対局はできませんでした。
今までにこのような多くの人が指導対局に並び、できなかったことはありませんでしたので観戦していました。すごく残念というより、当選して不思議という人数の多さでした。

ねんりんピック茨城2007では今回よりも大勢の人がいましたが、指導対局はできました。今回は、早めに現地に行ったのですがくじで外れました。

ポスター

2つ目に、景品(直筆色紙、サイン本、扇子など)が豊富にあったことです。今までにこれだけ多くの記念品が大勢に配られたことは見たことがありません。直筆色紙が一番多く、今日参加された棋士全員の色紙をもらった人もいました。うらやましいです。前もって、連盟道場課に無料の色紙サインはOKという連絡をしていったのですが、現地では「色紙はご遠慮お願いします」とありましたので一瞬「あれっ」と思いました。進行の妨げになりそうなので突然、変更したそうです。

写真を撮りまくりました。デジカメを持参していったのですがピントがなかなか合わず手ブレが多く、望遠の操作にも徐々に慣れてきました。本当にデジカメで撮影することは難しい。「将棋世界」の編集長の田名後氏も熱心に撮られていました。本格的なカメラでした。来月号にも掲載されるのでしょう。楽しみです。

内容ですが、詰め将棋の専門家の北浜健介七段による解説がためになりました。BIGLOBEの「週刊将棋FLASH」でも解説されていたので江戸時代の詰将棋の詰手順や看寿賞の話など大変ためになりました。聞き手の早水二段とのお話も上手で「同じ早稲田卒」ということを感じました。

早水先生は高校社会科の教員免許を持っているだけあり、きちんとお話ししてくださったことには感謝をしているところです。嫌な顔をしませんでした。このHPを知っているようにふるまってくださいました。

すべてご本人の了解を得ています。

早水先生と管理人(撮影:貞升南女流1級)

貞升先生(福祉関係を学んでいるので話しやすかったです)

つづき

甲斐先生(マイナビ杯第2局が明日に控えているため指導対局は午前中で帰られました)。大勢の人と会うので大和証券杯のことは忘れていたようでした。静かそうな方でした。「女王」のタイトルを取ってくださいね。

上田初美先生(親睦会実行委員)

懸賞詰め将棋の賞品(当選して良かった)

ほかにもたくさんありますがこの辺で失礼致します。

第21回アマ竜王戦県予選

ひたちなか市「ワークプラザ勝田」で開催される第21回アマ竜王戦茨城県大会予選に参加しませんでした。クラブ24や近代将棋道場でもレーテイングがほとんど変わりありません。

賞品も貰えそうにありません。
そういうわけで真田プロの色紙は貰えませんでした。

自宅でネット対局、棋譜鑑賞をしていました。

第9回大好きいばらきふれあいまつりに参加

地元の県立図書館のイベントに行きました。面白かったですよ。旧県庁の桜もきれいだったし。暑かったですよ。

記念品をたくさんもらい満足。「茨城新聞」のコーナーでは自分の生れた日の第一面をファイルしてくれるものがありました。

旧県庁の桜

「第20期竜王決定七番将棋」に当選!

読売新聞にあった懸賞で偶然にも「第20期竜王決定七番勝負」読売新聞社、2008年に当選しました。
読売新聞東京本社様、どうもありがとうございました。
抽選で30名様です。

「女流棋士との親睦将棋会2008」の前売り券が届く。

水戸の桜(7分咲きという報道ですが散っているものもありました)。

昨日のこと

昨日のことですが、「日立南将棋クラブ」に5月5日の開席時間内に行けば堀口弘治七段の指導対局および色紙サインを頂けるとのことです。

時間は16時以降:700円にしようか。帰りが遅くなりそう。

場所:日立市久慈町6-25-3(日立市役所南部支所前) 学研スクール南高野教室内(ビルの1階)

京成大会を少し観戦して大甕まで行こう。

戸井田塾長は平日はを営業していて日・祝日に道場を開いているのですが公式HPにある予定には5月3日、4日?と表記されていて不明なので4月6日のアマ竜王戦茨城県大会のとき、日立の人の顔見知りの人や支部長さんに聞いてみよう。道場のシステムがわからないのです。

あ、今見たら5月3日,4日,5日,10日,17日、24日になっていました。矛盾していたので。

すっきりしました。