竜王戦第2局

北海道「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」で第21期竜王戦七番勝負第2局が行われている。
戦型は相矢倉。第21期竜王戦中継plusでご観戦の皆様からの質問を受け付けております。

第一局は羽生名人の先勝の後だけに渡辺竜王にもひと踏ん張りしてほしい。ともに永世竜王がかかった大事な対局なので羽生名人も慎重に勝ち星を重ねていってほしい。

日本女子プロ将棋協会(LPSA)の作成した「詰将棋日めくりカレンダー2009」が30日(木)早朝の日本テレビ4:00~5:20「Oha!4 NEWS LIVE」で紹介されたのだが放送日がわからず見ることができませんでした。

茨城将棋情報メインBBSより引用。
「◆プロ棋士指導対局会 (無料、希望者多数の場合は抽選)
①1日目
日時 11/8(土)13時~16時(受付3回、各定員6名=計18名)
指導棋士 岡崎洋6段、古河彩子女流2段
②2日目
日時 11/9(日)12時半~13時半(定員6名)
指導棋士 戸辺誠4段、豊川孝弘6段

◆席上対局
対局者 戸辺誠4段-美馬和夫アマ5段(平手戦、各10分+30秒の秒読み)
日時 11/9(日)14時20分~15時半
入場 無料
解説=豊川孝弘6段、記録=上村亘奨例会2段

◆駒作り実演&連盟グッズ販売コーナー
日時 11/8、9(土、日)10時~16時」

です。奮って参加してくださいね。

筆まめver.16で来年の年賀状を作ろうとしています。なんか難しそうでマニュアル本がないと理想の年賀状が作れない、逆に作り方をマスターしてしまえば楽に何でも作れるソフトです。頑張ります。

棋譜並べで必至問題を解いているのですがどうしても理解ができません。普通、理解ができる問題がほとんどなのです。二代目「竹風」師作の水無瀬書、彫埋です。夜の電気にも漆が反射せず、角のアール(面取り)も丁寧にけずっていてとても見やすいです。竹風師の駒は大量生産でコストが安いので大変お買い特です。お薦めです。

良く必至のルールを理解して解答したいです。

では。では。

第23回国民文化祭2008、将棋イベント

国民文化祭いばらき2008が11月1日から9日にかけて各地で開催されます。プロ棋士も来訪されます。
霞ヶ浦総合公園内、霞ヶ浦文化体育館(土浦市大岩田1051)です。

駒作り実演&連盟グッズ販売コーナーが必見です。
駒作りにはプロの駒師が来るのだろうか。「女流棋士カレンダー2009」もサイン入りで売られているのかなあ。参加してみたいが用事があります。まだわかりませんが行けないと思います。

11月の三宅英治先生の必至問題は難しい。
http://www.geocities.jp/kaitou6678/toukousaku/tumehissi.html

11月なのでブログの背景を変えてみました。
富士通の「Azbyブログひろば」へのブログ登録し、オリジナルブログパーツ も設定しました。

このしろねこブログは人気がありません。「将棋本!メールマガジン」にリンクされています。

HPはアクセス数が個人で100あれば人気HPといえるので満足しています。茨城のほかに、東京や神奈川で宣伝したお陰だろうと思います。

ホームページビルダーに関する書籍を買いました。
よりきれいなHPにしたいと思っています。

では。では。


HPやブログの著作権

著作権について疑問になってきました。最近読んで考えを改めさせられた本。牧野二郎・酒井広志・吉岡祥子『インターネットよろず法律相談所』毎日コミュニケーション、2005年。この本推薦します。現代のIT社会に必要な内容がたくさんあります。

ソフトウエアを紹介したい場合、その機能を文章だけで説明するには限界があります。そこでソフトウエアの画面をキャプチャーして用いることがよくあります。このような場合、キャプチャーした画像を一定の条件に従って掲載すれば、著作権法上の「引用」(著作権法第32条1項)となり著作権者の承諾がなくても著作権侵害にはなりません。

引用の方法について注意する点。
①ソフトウエアの名称を表示する
②ソフトウエアの制作者名を表示する
③キャプチャーした画像は、紹介のために必要な範囲での使用にとどめる。
④キャプチャーした画像に、不必要な改変を加えない。

詳しくは、書籍に掲載してあります。

書籍の表紙をブログに掲載することも著作権侵害になります。書籍の表紙であれば、出版者へ連絡して許可を取ると良いらしいです。

まだ、HPの整理ができていません。

里見香奈女流二段へのインタビュー

では。では。

3D将棋スクリーンセーバー

シェアウエアの3D将棋スクリーンセーバーを購入しました。いつもフリーソフト(無料)ばかり使わせてもらっているので勇気がいった。

互換性でソフトはきちんと動くのだが2002年以来、バージョンアップをしていない。強くバージョンアップを望みます。

棋譜鑑賞ほかでスクリーンセーバーの役目は終わったのだろうか?

あと、HPB11で赤枠で図形を囲む練習をしているところです。近いうちに完成するだろうと思う。書籍に方法が掲載してありました。

リンク集にはなぜ「バナー」を使わないのだろう。
それにしても下手なバナーだ。今ならばもう少しまともなものが作れるだろう。何事も経験が大切ということを強く感じました。

女流王位戦・王位戦の将棋盤が柿木義一氏制作のKifu for Java、Kifu for Flashではないので両対局者の表情、残り時間、自動更新がないのが不満。クリックすることで広告収入が入る仕組みになっているので独自の将棋盤でないといけないのだろう。

マイナビ杯は画像がとてもきれいで現地に行っているみたいです。言葉はありませんがファイルはきれいです。

では。では。

「関連付け」がようやく解決しました

「柿木将棋8」に関連した棋譜をKifu for Windows6.29(最新版)に変更する方法が知りたかったのですがようやくわかりましてホッとしています。

まず、Kifufor Windows&KifuBaseのインストールしてある場所にKifu for Windows6.29のファイルすべてを上書きします。次に、ファイルの関連付けの変更をします。
ようやく解決しました。

あとはしろねこのHPを丁寧に書き直すだけです。トリミングで図を追加したいです。

「女流王将戦」の件、日刊スポーツ、毎日新聞にも記事がありませんでした。LPSAと日本将棋連盟女流棋士会に理由が掲載されました。事実上の終了らしいです。

本当に寒くなりました。朝、軍手をして自転車で通勤しております。

では。では。

読書と新聞読み

HPBの書籍を目を通していないのできれいなHPを作れない。そのほかの書籍の読む時間がない。新聞の将棋欄の切り抜きもたまっている。

今日あたりから急に寒くなってきました。

白瀧あゆみ杯決勝、中村(真)の圧勝でした。
最近、ネットでの中継が増え、画像が手軽に入手できるようになり便利になりました。

NSN入会はどうしようか?

時間がないのでまた。

では。では。

続・女流王将戦の休止

ウエルネス都城霧島杯&中戸賞女流王将戦(ウエルネスみやこのじょうきりしまはいアンドなかとしょう じょりゅうおうしょうせん)は、日刊スポーツが主催(1993年度第15期までは株式市場新聞が主催)、霧島酒造が協賛する女流棋士による将棋棋戦1978年度創設。2007年から、青森県おいらせ町の衣料品店であるナカトがスポンサーに加わる(女流王将戦 – Wikipedia)より引用。

2008年10月8日、日本将棋連盟より休止が発表された。

スポンサー名は霧島酒造株式会社、株式会社ナカト、都城市、和歌山市。

中戸俊洋社長の腕前はアマ八段らしい。女流棋戦も人気がないらしい。そもそも将棋のカテゴリーが人気がないようです。
周りでは誰も「日めくり詰将棋カレンダー2009」を買ってくれませんでした。ファン層は限られています。将棋でお金になりません。正式免状も実力で取れるように改善しないといけないと思う。連盟の商品が盤駒店に比べ高めです。無料のイベントに女流棋士を利用するのは好ましいことだが連盟で高級盛上駒を買ってくれる人がいないとつらいと思う。

参考URL:
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008100801000453.html

http://www.asahi.com/culture/update/1008/TKY200810080270.html
「朝日新聞」によると、「維持するのに負担が大きくなったという」と伝えている。また「読売新聞」によると、「一部スポンサーの撤退などが原因と見られる」と報じた。2008年10月8日、日本将棋連盟は女流王将戦を第30期をもって休止すると発表した。連盟は休止の理由を「諸事情により」としている。

http://k.hatena.ne.jp/keywordblog/%E9%9C%A7%E5%B3%B6%E9%85%92%E9%80%A0

http://mtmt-blog.com/2008/10/post-1089.html

http://www.liblog-sns.jp/shogi/?m=pc&a=page_g_diary&target_c_diary_id=1641

具体的にどのスポンサーが撤退したかは明らかにされていない。




11月2日(日)の銀座将棋まつりも行けません。
参加者は10月15日(水)必着なので今日か明日に往復ハガキを投函しないと連盟には届かないと思う。

第19期女流王位戦第1局が始まりました。
色紙プレゼントもあります。
画像が綺麗で臨場感があります。

では。では。

「女流王将戦」の休止

今朝の「読売新聞」を読み驚きました。第30期をもって「女流王将戦」の棋戦を休止するとのことです。正式名称は「ウエルネス都城霧島杯&中戸賞女流王将戦」。霧島酒造、株式会社ナカトというスポンサー(協賛)が降りたらしいことで実質今季限り。主催する日本将棋連盟と日刊スポーツ新聞社は早期に新しいスポンサーを探そうとはしているが再開の目処は立っていない。

「日刊スポーツ」の売り上げも減少してきているのだろう。これで女流のタイトル戦は、「マイナビ女子オープン」、「女流名人位戦」、「倉敷藤花戦」、「女流王位戦」の4つになった。清水市代女流王将は2009年10月31日まで「女流王将」のタイトルを名乗る。

http://www.shogi.or.jp/osirase/2008/main.html

テレビ東京の「早指し戦」、「日刊ゲンダイ」のオールスター「勝ち抜き戦」、「鹿島杯」と棋戦の終了が相次いでいます。愛棋家も将棋を指す時間が減っているのでしょう。

「女流王将戦」はネット中継が唯一なかったタイトル戦でした。名前はとてもいいのですがとても残念です。

復活されることを期待します。

では。では。

「関連付け」と「直リンク」

柿木将棋用の柿木ファイル(.KIF)をクリックしただけで、最新版のKifu for Windows6.29が起動するようにしたい。
外部駒を普段使っているのですがそのままで「木目2」ではなく普段使っていない「木目1」が表示され、Kifu for windows6.24が起動します。
「木目1」は初期設定で何となく納得できるのですが外部駒までが設定されることがわかりません。同じ外部駒でした。
Kifu for Windows&KifuBaseはアンインストールして再起動してあるのでPCにはないのですが不思議です。

「直リンク」(じかリンク、ちょくリンク)についてですが、著作権の侵害ではなくマナー違反らしいです。Wikikedeaによると「著作権法では、直リンクに関しては明確な条文がなく、議論が分かれている」という。

http://park5.wakwak.com/~tanaka02b/column/faq.htm

http://park5.wakwak.com/~tanaka02b/column/faq2.htm

冬眠蛙さんの第3回プレ短コンですが、11手以内のあぶりだし詰将棋は難しいです。詰将棋パラダイス編「看寿賞作品集」、毎日コミュニケーション、1999年。この書物を見ましたがとても作れそうもありません。あと、知っているお名前がたくさんありました。有名なのですね。

では。では。

「日めくり詰将棋カレンダー2009」が到着

待っていた日本女子プロ将棋協会「日めくり詰将棋カレンダー2009」が届きました。先行予約をしていたので「将棋駒シール」も付いていました。

もう少しあとの日に到着すると思っていたのですが非常に速かったです。[編集]担当の藤田麻衣子先生には感謝をする次第であります。

将棋駒シール(先行予約のため)

On Line Shopで購入しました

加賀さやかさんによると、「10万部以上でないと普通の書店で買うようにはお安くならないらしいです。(藤田麻衣子先生達の)手間と労力を考えたらお買い得らしい」。
加賀先生の1手詰の作品(特別賞受賞)を拝見させていただきましたところ、発想が面白いです。

このような詰将棋は作れません。まさに書店で売られない詰将棋カレンダーだからこそできるといえます。今まで見たこともなく解いたこともありません。でも最近の詰将棋の書物を見ると、普通は大駒で詰めるのが自然で綺麗な詰め方だとある詰将棋本にはありました。一方で、20年くらい前はなんでもよかったようです。こういう法則については全く確信はありません。

北海道将棋連盟でも100部入荷のうち予約も含め半分はさばけたと公式HPで伝えています。全国的に人気があります。

藤田麻衣子公式ブログでは「紀伊国屋新宿本店に置いてもらえることになりました!今日にも納品の予定。他にも沢山の将棋道場などにおいてもらっておりますので、来週頭に取り扱い店リストをHPに載せたいと思っています。」とりあえず今年も売り切れになるのは確実です。

写真が少し上達しましたでしょうか。
デジカメで上手に撮影することは経験と知識が必要で難しいとわかりました

富士通Q&Aより引用させて頂いた画像は「直リンク」といい明らかな著作権の侵害に該当するらしいです。今まで知りませんでした。

では。では。