皮膚科へ行く

爪水虫を治すため皮膚科に行きました。
完治できるといいのですが薬代がものすごく高い。

よくオークションに「急な出費が必要になりましたので出品します」と商品説明がされています。おそらくこのことに違いないと思いました。

駒桜将棋まつりには当日、色紙と筆ペンを持参していっても全員に色紙を書いていただけるのでしょうか。主催者に問い合わせてみようと思います。

駒落ちですが勉強不足です。席上対局とペア対局を観戦していれば無料なのですが指導対局2局試してみようかとも思っています。デジカメのSDカードを買い当日に備える。

「駒桜」ファンクラブは基本的に有料が多いです。
指導対局も有料になり当然だと思います。
年会費5000円。

今日で女流棋士会ファンクラブのブログが見られなくなってしまうのだなあと考えますと少しさびしいです。ブログの書き方が参考になりました。

これから将棋の勉強をします。

8/7 夏休み特別企画「駒桜将棋まつり」の詳細が決まる

8月7日(土)に京成百貨店で「駒桜将棋まつり」が初めて開かれます。
当日の詳細な時間、席上対局者、解説者、指導対局、サイン会のことが決まりました。

あいにく指導対局は有料となりました。翌日先着20名様限定の指導対局があるので見送ってもいい。サイン会も有料ですがいずれにしても当日将棋の書籍を買うことや昼食を取ることなどで京成を利用しようと思っている。

指導対局1500円とサイン会1000円で2500円になってしまう。それに昼食代。
東京への旅費4000円に近くなってしまいます。指導対局は席上対局の最中にされると予想されるので考えます。
つまらないと思うがデジカメで撮影したいと考えています。

できるなら京成に来る盤駒商を前澤碁盤店か三輪碁盤店にしてほしい。
駒師の実演、盛り上げ駒の展示即売会も開催してほしい。
水戸には盤駒商がないためです。

実際に駒を目で見て触って感想を伺いたい。
店主との交渉もしてみてオークションの価格と見比べたい。
駒師に対する質問は山ほどある。盤も産地や価格など知りたいことがたくさんあります。
富月師、月山師、掬水師、秀峰師、天竜師他著名な駒師なら誰でもいい。

夏休み特別企画「駒桜将棋まつり」(水戸京成百貨店)


消費者物価指数が昨年に比べ1%下がりました。日本経済は長いデフレ傾向にある。余計なことかもしれないが駒の価格もオークションの価格も値下がりしていくのではないか。
本当に必要でないものしかお金は落としていかないだろう。

果たして横浜や渋谷のような超満員のイベントになるだろうか。楽しみである。


翌日の「黄門まつり」も有料になる予想が付く。果たして審判はどう出るか。

各地で駒桜会員は無料と場所や有料の場所があり一定していない。
デパート業界も経営に苦戦しているに違いない。
有料でも指導対局を受けたいと希望する人が果たして何人いるか。将棋熱が問われる。

当日は関東近郊(東京や埼玉、栃木など)からも来店されるのだろうか。
駒桜会員の割引が500円、2回と換算して1000円のために交通費をかけて来る人もいることだろう。
「女流棋士との親睦将棋会2008」に参加したことがある。こちらのほうが女流棋士すべての先生を拝見することができいいかもしれない。

淡月作、巻菱湖

7/27・28(火・水)第51期王位戦七番勝負(深浦康市王位-広瀬章人六段)第2局(北海道新聞)、 深浦康市王位が勝ち、1勝1敗。戦型は第1局と同じ廣瀬挑戦者の振り飛車穴熊です。

使用駒は淡月作(月山作)、巻菱湖、盛り上げ。
この辺は連盟と関係のある駒師の盛り上げが使われるのだろう。
連盟販売部で販売されている作者の駒です。

王位戦中継サイト

廣瀬章人・遠藤正樹「とっておきの相穴熊」マイコミ、2007年。

安食女流に直接言われ購入を決意。だがいまだに読破していない。
飾っているだけです。


本田二段が中井六段の17連勝を阻止できるか。
読売新聞でも取り上げられましたが注目の第18期大山名人杯倉敷藤花戦・準々決勝です。
本局で中井六段が勝ち18連勝になれば女流棋戦で新記録の誕生です。


第58期王座戦挑戦者決定戦(深浦康市王位-藤井猛九段)、7/30(金)に東京・将棋会館で対局。
7/31(土)第59期王座戦一次予選(女流棋士vs男性棋士一斉対局)

NIKKEI 将棋王国(棋譜中継)


追記

女流育成会が廃止されて室谷由紀女流1級しかプロになっていない。

女流プロ昇格、厚い壁 将棋連盟新制度、1年余で1人だけ

里見香奈女流名人・倉敷藤花の書籍の予約が始まりました。
将棋をこれから始める方向け。

いちばん勝てる将棋の本 [単行本(ソフトカバー)]

黄門まつり

駒桜イベントとして「黄門まつり」も同じ京成百貨店で行われます。
おそらく9階イベントホールで同じ場所だと思います。
それにしても京成百貨店は将棋のイベントに熱心です。

日時8月8日 (日) 開場10時30分、開始11時~
会場茨城県水戸市「京成百貨店」
入場料無料
出演棋士本田小百合女流二段、安食総子女流初段
内容11時~ 公開対局
14時~ 指導対局(当日受付・抽選で20名様)

駒桜イベント

予定がなければ参加したい。途中からでも観戦に行きたい。
指導対局の観戦でも楽しめる。

昨日、28日に知らされたので予定が狂いました。
京成で将棋の書籍の購入(サイン本はない)もしくは昼食を取りたい。

京成百貨店に厚く御礼を申し上げます。

将棋、中井が18連勝の新記録 倉敷藤花戦の準々決勝

将棋の中井広恵女流六段(41)は29日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第18期倉敷藤花戦の準々決勝で本田小百合女流二段に勝ち、女流棋士公式戦の新記録となる18連勝を達成した。

 これまでの記録は清水市代女流王将、山田久美女流三段、林葉直子元女流名人の17連勝。

北海道新聞


2ちゃんねるより引用

6:名無しさん@恐縮です[] 10/07/29(木) 19:01:27 ID:zmvjBR7P0(2)
女流棋戦18連勝

1月18日 ○ 後 貞升南 第21期女流王位戦 紅組 3回戦
1月25日 ○ 先 熊倉紫野 第21期女流王位戦 紅組 2回戦
2月*5日 ○ 後 村田智穂 第21期女流王位戦 紅組 4回戦
2月*7日 ○ 後 中村真梨花 第3回女流最強戦 本戦 2回戦
2月28日 ○ 先 里見香奈 第3回女流最強戦 本戦 準決勝
3月15日 ○ 先 矢内理絵子 第21期女流王位戦 紅組 5回戦
3月21日 ○ 先 矢内理絵子 第3回女流最強戦 本戦 決勝
4月*7日 ○ 後 中村真梨花 第37期女流名人位戦 B級 1回戦
5月*7日 ○ 先 石高澄恵 第18期倉敷藤花戦 本戦 2回戦
5月12日 ○ 後 山田久美 第32期女流王将戦 予選 決勝
5月28日 ○ 先 山田朱未 第37期女流名人位戦 B級 2回戦
6月*3日 ○ 先 藤田綾 第18期倉敷藤花戦 本戦 3回戦
6月11日 ○ 先 本田小百合 第32期女流王将戦 本戦 1回戦
6月30日 ○ 後 室田伊緒 第37期女流名人位戦 B級 3回戦
7月14日 ○ 先 井道千尋 第37期女流名人位戦 B級 4回戦
7月17日 ○ 先 山口絵美菜アマ 第4期マイナビ 予選 1回戦
7月17日 ○ 先 北尾まどか 第4期マイナビ 予選 決勝

(7月22日 ● 先 木下浩一 第4回朝日杯 一次予選 1回戦)

7月29日 ○ 後 本田小百合 第18期倉敷藤花戦 本戦 準々決勝

7月22日の朝日杯は女流棋戦には入りません。

水戸市出身の本田先生を応援していました。
中井ブログでも本田先生との女流王将戦との対戦を書かれていました。
中井六段はどこまで連勝記録を伸ばせるか楽しみです。

木村文俊作

木村文俊作は名工です。現代の駒には合わないと思われる方が多いと思います。

現代駒師の駒とかつての名工との駒は同じ値段で買う場合どちらが得なのだろうか。将来的には木村作などの古駒のほうが値上がりすることがあるのだろうか。

日レス杯、中倉彰子初段vs林葉直子さん

暑中お見舞い申し上げます。

日本女子プロ将棋協会の公認棋戦である日レスインビテーションカップの2回戦に林葉直子元名人が出場された。

久しぶりの出場であった。棋譜を見て感じたことは将棋は進化しているということ。林葉さんは随分と貫禄がある。報道ではニュースになるだろう。

追記

林葉直子さん、15年ぶりプロ棋戦対局は74手で完敗 復帰宣言はおあずけ

林葉直子さん15年ぶりプロ棋戦対局、完敗



里見女流二冠のサイン会

中国新聞

読売オンライン

公式ブログ


ヤフオクのことですが無料出品回数が10回と決められているので落札されなくてもいいので出品だけしておく人もいると思う。そのため、高く設定されている方がいるのだと思う。

お薦め駒が出ないかな。富月師が良いようです。
「京急将棋まつり」に彫駒実演と展示即売がされます。

8月7日の駒桜まつりの件ですが、棋士派遣が駒桜会員である一般会員、賛助会員には適用される。今回もこれに該当するのであろうか。来年はないかもしれない。

将棋まつり

夏といえば「将棋まつり」の季節です。
今年は大阪・近鉄阿倍野店の将棋まつりがありません。
ながの東急は去年から休止になりました。

8月2日(月)~4日(水)渋谷・東急百貨店:第44回東急東横店将棋まつり

8月12日(木)~15日(日)京急将棋まつり:第12回京急将棋まつり

8月9 日(月)・10日(火)札幌東急将棋まつり:第37回さっぽろ東急 将棋まつり

いずれも入場無料です。
水戸で非公式戦のLadies Holly Cupを観戦した際は人数はあまりいませんでした。横浜や渋谷ではものすごい数だと思います。

早めに出かけたほうがいいと思う。
このようなイベントに出場できる棋士・女流棋士たちは一流です。
知名度もあります。

デジカメで撮影ができるので行きたいのですが遠いのが難点です。

やはり相当に月謝がかかっている将棋で、暇さえあればプロを捕まえて指しまくらなければ上達は望めないのだろうか。

駒の汚れを取る

竹風作、水無瀬、柾目、彫埋め駒についた液体を取る作業をしている。
うまくいかない。

およそ1カ月ぶりにピーちゃん(雑種の子ねこ)、自宅で生まれたと親猫が来るようになった。加藤元名人の獲付け問題で餌をやらなくなってしばらく姿を見せなかった。随分とおなかがすいていたのだろう。

水戸市内は午後4時ごろすごい雷と強風を伴った雨。
電源が落ちる。

暑いです。今が夏の本番です。

注目のオークションの駒が出品取り止めになりました。

今読んでいる本
湯川博士著「駒落ち必勝法 定跡なんかフッとばせ」毎日コミュニュケーションズ1985年。

自分に適した駒

最近、自分が本当に欲しい駒は何かということに疑問を持ち始める。例えば、希少価値の高く数の少ない今は亡き名工たちの駒(木村文俊作、金井静山作、宮松影水作、奥野一香作、豊島龍山作など)は古く真作なのか自分では分からない。

それに現代の道場などにも普段使われていないと思う。
最大の原因は値段が高いこと。

そういう理由で現代駒師の駒を探しているのですがめぼしいものは見当たらない。
今ある5組の駒で乗り切ろうとしている。
また、デフレの話を出すと反発される先生がいると思うが駒は何でもよく将棋そのものが強ければそれでいい。

榧盤(ある鑑定団で碁盤の鑑定がされていた)で本柘植の駒があれば十分なのではないかと思う。

駒落ち定跡でも裏定跡があり、駒桜イベントに備え勉強しています。

あくまでも趣味なので楽しむことが一番です。
駒は買わなくてもどのような駒が出品されているか見るだけでも面白い。
特に出品者の「商品説明」を読むのが楽しい。

批判をするといけません。詳しくないので画像で判断してくださいとかいうもの、画像があいまいで現物を見ないと判別できないもの、つまり写真撮影が下手というわけです。そういう人がいないと安値で落札はできないわけで盤駒商のように多くの画像を出して現品を販売するわけにはいかない。

日曜日が勝負の日ですが今回は見送らせてもらおうか。

お金はいくらあっても困るということはありません。このことが原因ということと、リサイクルショップなどの古物商では仮に値うちのある駒でも極端に安く叩かれてしまう。オークション代行トウシンさんがお薦めです。


追記

里見女流二冠のサイン会

一目見たいものです。筆ペンで書かれています。落款は確認できませんがサイン本には必ず押してあります。握手もあると思う。羨ましい。