明日、アマ竜王戦県予選

明日、5月1日日立市内でアマチュア竜王戦の県予選が行われる。列車がなく断念。水戸までなら常磐線があるのだが会場の大甕までのいわき行きは本数がなく断念。

NHKの将棋トーナメントでも視聴・録画しておこう。明日、仕事あり。

駒の掲示板は人気がなく書き込みが少ない。深入りは禁物。

http://8252.teacup.com/jiboshi/bbs

「著作権法逐条講義(六訂新版)」の発売決定

加戸守行「著作権法逐条講義(六訂新版)」著作権情報センターが改定されて発売されることが決定した。前回、5訂新版の発売は2006月だったのでそろそろ発売されてもおかしくないと推測していた。平成21年著作権法改正もあり、最大の関心は棋譜のことである。

118頁に「例えば、碁や将棋の棋譜というものがあります。棋譜も私の理解では対局者の共同著作物と解されますけれども、本条1項各号のどのジャンルにも属しておりません。」この文章が削除されるか改められるか、日本将棋連盟の方針は例示外の著作物のため大変興味があります。連盟の態度も変わるか、顧問弁護士の意見のまま一般では理解ができない説を採り続けるのか。

新発売が待ち遠しい。今年中に発売予定です。

暖かくなりました。

著作権とモラル

ある方から「著作権とモラル」の投稿を頂きありがたく思っています。駒の世界はマニアでも解明できません。このようにできればすべてのホームページ、などなくなる傾向にあるのでしょうが。著作権思想の普及をしている自分でも駒画像を掲載するミスをするのですから無理もありません。

すべてのホームページは編集著作物であり、単に棋譜だけのアイデアだけのホームページも存在します。連盟様は棋譜はアマプロ問わず両対局者の共同著作物と決めています。一部の天下一将棋会2はアマプロ問わず会員しかダウンロードできない。有料の棋譜です。

著作権とモラルは解決する予定。

28日は暖かかった。上着が要らない。

早く県立図書館が開館しないかな。

追記

囲碁・将棋チャンネルを視聴すればイベントに行かなくても済みそうです。

強風

強風で暖かい。

駒の件は著作権情報センター相談員さんを支持します。複数の先生です。何度質問されても同じ答えです。新たに顧問弁護士さんの見解をしましたが納得されておりませんでした。

きれいな日本語でないので読みずらいです。

将棋の駒メインBBS

http://8252.teacup.com/jiboshi/bbs/index/list/

追記

将棋で稼ぐこともないのであまりのめり込まないことが重要。

単なる趣味です。このことを脳裏に置くこと。

IE9の日本語版のインストール

26日午前0時からIE9の日本語版がダウンロードできるという情報で楽しみにしていましたがマイクロソフトの公式HPを拝見すると、IE9試用版があり長らくインストールできませんでした。

ようやく午後になりインストールができるようになりました。以前インストールしていたIE9をアンインストールして無事終了。

女優の田中優子氏が亡くなられた内容のテレビがある。キャンデーズに思い出がある。誰も年齢を重ね、人間なのだと痛感。治療に最高の医療ができ良い環境でした。うらやましい。

駒の著作権、意匠権、商標権はお休みです。

詰将棋カレンダー2012に応募

日本女子プロ将棋協会(LPSA)様の「日めくり詰将棋カレンダー2012」に応募してみた。1問だけ投稿しました。元相談役の先生に駒のことでお世話になっていることと石橋代表理事の石橋開雲書に興味があるためです。今頃、お二人とも怒っていることと推測されます。本当は、個人的な理由でじっくりと作成する暇が取れませんでした。

今年は一か月締め切りが早いせいか投稿者も少ないようです。これも駒と同じで使わないと意味がありません。買うときに、自分の問題がカレンダーに掲載されているのを確かめる時が一番わくわくします。値段が私にとっては高い気がする。掲載された人には無料で配布するのが普通です。160円くらいの駒シールがプレゼントでは高い。

明日26日、IE9の日本語版が午前0時からマイクロソフトのホームページからダウンロードができます。今は、IE9.0の暫定版(英語版)を使わせてもらっています。一旦、アンインストールしておく必要がある。

管理人は大変

駒の掲示板を作成してみたのですが著作権情報センターの見解と著作権専門の顧問弁護士の先生との食い違いで明確な回答が出せず第一人者には迷惑をかけてしまった。大勢の駒師さんも同じです。著作権は駒師さんの自らの考えで良いようです。

どうやら最終的には私見の論文になる予定です。結果、講評が楽しみです。

桜も散り、雷があり停電する。

茨城大学図書館、一般でも利用可

茨城県立図書館が東日本大震災の影響で9月頃まで使えないとのことでどうしようと考えていました。茨城大学図書館に問い合わせると、当日、身分証明書(運転免許証、保険証など)を持参すれば資料を除いて利用できますとのお返事。

ただし、利用できるのは図書に限る。3冊くらい借りたい本を探したが後日、立ち寄ってみようと思う。

今日の雨は風を伴い土砂降りでした。

某掲示板の様子は今、拝見しました。忘れました。

コピライト4月号の到着

著作権情報センターより「コピライト」4月号が送られてきました。論文応募者のため無料です。内容は難しく本格的なものです。実は地元の県立図書館で読んだような気がするのですが震災以降は開館されていないため勘違いなのかなあと思いました。

暑くなりました。この陽気であれば将棋盤が使えます。それにしても被災後の地震は多い。屋根瓦の修理は1年後になります。瓦屋さんは儲かっただろう。

駒の意匠権、著作権の件ですが難しいようです。収入面が一番のネックになっています。連盟様のご意向には必ず従わなければならないようでいくら正しい法律があっても同じ状況で変更はないようです。棋譜は対局者の共同著作物と主張されるのですが著作権法の「文芸、学術、音楽」のどれに該当するのでしょうか。私にはアイデアとしか思いつきません。ついでに詰将棋や必至の棋譜もアイデアです。

私の作成した掲示板に書き込みがあり助かりました。実に気持ちがいいです。結局、無駄になりそうですが私は徹底的に調べまくります。解決しないと気分が悪いです。

著作権情報センター様に深く深く感謝を申し上げます。

今後の駒師の対応が楽しみ

各駒師が商標を取得し格安で購入できるアイデアが空振りに終わりそうです。公益社団法人日本将棋連盟様の歴代名人の駒に関する学説も楽しみです。プロ、アマ問わず駒に関わる知的財産権を理解すれば慣習などおかしいと主張する先生も必ず出ると推測します。

駒は安価な機械彫りの駒、材質にはこだわりません。強い人は駒にこだわりません。