罹災証明申請

水戸市の罹災証明書をそろえる。写真も印刷。全半壊および半壊ならば補助が出るらしいが瓦が落ちたくらいでは可能性があるくらいと水戸市の災害対応窓口の職員が電話で話されていた。

旧県庁前に行くとガードマンが立っていた。水戸市役所は東のプレハブ2階の臨時が窓口。

県立図書館から借りている著作権コンメンタール・別冊、1巻が読み終わらない。内容が濃い。何度も読みたい。

タイプフェイスとは、「活版、写真植字、電子プリンターなどの印刷技術により文章を組み立てる際に、その利用に供されるために創作された文字の書体のセットである(作花文雄:詳解159頁)。

このようなタイプフェイスの著作物性について、学説は否定説と肯定説に分かれているが、判例(ゴナ事件最高裁判決)は、「印刷用書体がここ(著作権法2条1項1号)にいう著作物に該当するというためには、それが従来の印刷用書体に比して顕著な特徴を有するといった独創性を備えることが必要であり、かつ、それ自体が美術鑑賞の対象となり得る美的特性を備えていなければならないと解するのが相当である」としている。

この判示内容については、「従来の学説、裁判例とかけ離れるものではない」と言われている。ただし、渋谷達紀・講義26頁は印刷用書体(タイプフェイス)を例示外の著作物であるという。

将棋の駒の書道風文字について、著作権では保護できず商標登録しなければ権利を主張できない。著作権情報センター、私もゴナ最高裁判決に従い著作物性は否定される。

伝統工芸品はまったく関係がない。

ネットオークションの解約

先日、Yahoo知恵袋で活躍されている先生らしき人に今度提出される法案のことでコメントを頂いた。ちょうど、著作権の勉強をさぼっていた時期でありがたく感じた。

どう答えていいのか、私には難しくて答えようがない。

「音楽などの私的違法ダウンロードの防止に関する法律」(議員立法)。
 内容は、
 ① 私的違法ダウンロードを処罰する規定を整備
 ② 私的違法ダウンロードした有償著作物の公衆への提供防止措置の努力義務規定

有償著作物とは何かが問われている。そのような言葉は著作権法上ではないと思う。書物で学んだものとしては聞いたことがない。著作権専門の相談員や弁護士であれば理解できると思う。


市立図書館にリクエストをしていた本が届いた。図書館員には著作権の本でとてもいい評判のものですよ、と伝えておいた。発売後、すぐに重版された名著である。

福井健策「ビジネスパーソンのための契約の教科書」2011年、文芸春秋。

将棋の駒の字母紙の件で契約は口頭や暗黙の了承でも成立するのかで、明確な合意があれば原則として契約は成立するとのことです。

また、法律・判例・業界慣行は、時期や地域に応じて変化すると述べられておられます。この書物を一読してみて将棋の駒のことは著作権の第一人者にも届いたことは確実のようです。

松尾作の将棋駒は宮松影水師の字母を全く同じではないが真似をしたものらしい。仮に影水師と同じ字母であった場合、分かりません。この業界は字母を真似ることを駒師は極端に嫌うらしい。

駒銘が影水作であれば明らかな贋作といえる。

ネットオークションも契約です。特別の事情がなければ「オークション終了時点で売買契約が成立した」と考えられるため、本来はできません。

私は「その他」の欄にキャンセル理由なしでキャンセルを申し込みました。これは本来いけないことなのです。法に無知な方は代金を払わなければ解約ができると解釈されておられる方も大勢いることでしょう。

必ず解約する理由、そして相手の合意が必要です。このような解約のことを「合意解約」と言います。合意がなければ、本来一方的な解約はできません。仮に「だめです。払ってください。」と返事があれば払わなければいけなかったのです。

福井先生も経験されておられる合意解約なので意外と多いかもしれません。これは「契約の実効性」という別の話だそうです。

私もよく考えて入札することにする。恐ろしくなってきました。

最近、地元のラジオを夜聞くようになる。寝る前に拝聴する。オールナイトニッポン、今はオールナイトニッポン・ゴールド、オールナイトニッポンRと3種類存在する。

結果がすべて

この世の中はすべてが結果で評価されます。最近になってこのことを痛感しだしました。過去の努力のことなど全く関係がない。

過去のことでよくないことは忘れて今を大事に生きようよ。後悔をしないように。様々な人間がいるがその数だけ人生がある。

自分の人生について真剣に考えてみよう。

電話が確実です。メールで済ましていることもあるが緊急の場合は電話にする。

手変りとは

現行コインの年号別を収集し終えると、手変りを収集し始めました。

手変りとは、手変りの解説によると、「手変りとは、一般に同じ製造年でデザインの違うものと定義 されていますが、どの程度の違いが有れば、手変りと言うのか定説が有りません。」

また、手変り用語の基礎知識によると、「手変り(手替り)とは、簡単に言うと変種のことです。同一貨種同一デザインで同一年号にもかかわらず、複数のバリエーションが存在するもののことです。」

5円は分かりやすいのですが、10円は細かくて分かりずらいです。30枚くらい同じ年号を見比べて判別しなければいけません。

平成22年の5,50円、平成23年の1,5,50円はミントセットとプルーフセットしか発行されていません。

平成24年のミントセット通常を造幣局に申し込みました。最近発行枚数が極端に少ないため。貨幣の発行枚数は財務大臣が決定します。

発行枚数は12月になってみないと分かりません。某掲示板によると、すでに平成24年の発行で10円の流通は確認したという。

手変りの解説

http://chigasakiws.web.fc2.com/tega-kaisetu.html

手変り用語の基礎知識

http://www.d4.dion.ne.jp/~s-sousai/coin/tegawari/index.htm

シンセサイザープログラマーは実演家か

先日、シンガーソングライターの辛島美登里さんのミニコンサートを見に行った。カバー曲の松任谷由美さんの「卒業写真」、中島みゆき「時代」などは楽曲を使用するに当たり日本音楽著作権協会(JASRAC)に申請した曲です。

当日の様子
http://ameblo.jp/karashimamidori/theme-10022073380.html

シンセサイザーとは、電子発信器で発生させた音を望みの音色に合成する楽器、キーボード等による操作で演奏する電子楽器のことを言い、これらを操作して音楽を創るプログラマーのことをシンセサイザー・プログラマーという。

レコーデイングの現場等でプロジューサー等の指示のもとで制作しようとする音楽の一定のイメージにしたがってシンセサイザーにより音色を作り出して演奏を行う場合は原則として演奏家である。

ただし、音色の制作において技術的に機械操作に係わる者は実演家とは言えない。

また、シンセサイザーの操作により入力されたデータで音を再生できる場合も、音を固定したということができる。

半田・松田「著作権法コンメンタール1」勁草書房、2009年、78-79頁、97頁。

神谷信行弁護士によると、「デジタル時代を迎え、コンピュータを使って作曲、編曲することも多く なってきました、 このような場合でも作品について著作権が生じます。また、コンピュータに演奏データを入力し、シンセサイザーを自動演奏で きるようにした場合でも 「演奏」と認められ、シンセサイザープログラマーも著作隣接権を得ます。

 さらに、自動演奏のプログラムだけでなく、シンセサイザーの音色を合成 して作りだしたとき、その音色 に創造性があり独自の価値が認められるよ うな場合には、その音色を合成した人に著作隣接権を認めるのが実務の取り扱いです。」

http://www.jspa.gr.jp/copyright/index.html

なお、シンセサイザーは、自分のもつ音色のイメージをシンセサイザーを操作することによって創作し自ら演奏する場合は作曲家でありかつ演奏家である。

岡田斗司夫・福井健策「なんでコンテンツにカネを払うのさ?」阪急コミュニュケーションズ、2011年を読む。

新たなことは、ニコニコ動画であり、「

例えば、ニコニコ動画の二ワンゴがJASRAC2008年に結んだ契約です。ニコニコ動画のユーザーは、JASRACの管理楽曲を自分で演奏したり歌っている動画を合法的に投稿できるようになりました。CDやプロモーションビデオのアップロードは認められず、著作隣接権者の許諾が必要になる。

その代わり、ニコニコ動画は収入から一定の割合をJASRACに支払うというものです。一定のルールを守ってお金を払うのであれば使わせる。そんな方向へとコンテンツホルダーは進んでいく可能性は高いでしょう。ある意味では、こうした共存の試みと訴訟の頻発は、共に大きな淘汰の一過程かもしれません。(福井健策)

岡田・福井「なんでコンテンツにカネを払うのさ?」阪急コミュニケーションズ、2011年、

142頁。

http://sadaakikato.com/2012/01/09/surviveafterdigital/

東日本大震災復興事業記念貨幣(仮称)

現行貨幣の手変りを収集し始めました。細かい部分まで分からず、拡大鏡を使って分類をしています。合計で375種類もあります。お金のかからない楽しい集め方です。

水戸京成百貨店の丸善でコインアルバムを購入し、手変りの分類を始めたが詳細な部分まで分からない。磨滅しているところもあり、ミントでなければ分からない部分もあるためだ。

著作権の書物は県立と市立から借りている。貸与しています。図書館は複写が関係があります。

リクエストも2冊済ませてきました。入りましたら連絡が来るという。

18日水は、地方自治60年記念500円硬貨引換です。秋田、岩手、滋賀の3種類を金融機関で引き換えがあります。

東日本大震災復興事業記念貨幣(仮称)

プレミアム付きの金貨と銀貨が発行される。

財務省と造幣局は2015年(平成27年)に東日本大震災復興事業記念貨幣の復興事業寄付金硬貨の発行し、抽選販売並びに復興国債発行購入額に応じて硬貨の贈呈を検討していることが明らかになった。金貨(額面1万円)と銀貨(額面千円)の発行が予定されている。

金貨(額面1万円)
15.6g(1/2 トロイオンス)
直径26.0mm
(販売予定価格の場合は10万円~15万円になるとみられる、復興債を購入、3年以上保有し復興債保有残高1000万円毎に1枚贈呈)

銀貨(額面千円)
重量31.1g(1 トロイオンス)
直径40.0mm
(販売予定価格は1万円程度になるとみられる。復興債を購入、3年以上保有し復興債保有残高100万円毎に1枚贈呈)
(地方自治60年銀貨の販売価格は6千円)

http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/great_east_japan_earthquake/index.html

PCはWindows7を購入することに決めました。

貨幣の著作権

普段、私たちが日常使っている硬貨に手変りが存在するということを知っていましたか?10円銅貨の場合、昭和27年に前期(めんどり)と後期(おんどり)の手変りが存在するほか、昭和61年にも前期と後期が存在することを日本貨幣商協同組合の「日本貨幣カタログ2011」から知ったのがきっかけです。

日経トレンディネット2008年0501日付によると、「記念硬貨の図柄は、当初、ブラジル日本都道府県人会連合会がサンパウロ州サントス市に設置した「日本移民ブラジル上陸記念碑」を予定。同会の使用承認を受けたが、同会側から著作権を持つブラジル人彫刻家側の同意が得られないとの連絡を受け、図柄を、移民船と地図を組み合わせた「笠戸丸(かさとまる)とブラジル」に変更した。」

彫刻の場合、美術の著作物に該当します。著作権は元の彫刻家の許諾を得ないと使うことができません。貨幣に使う図柄には著作権がある場合、著作者および著作権者の許諾が必要です。

貨幣に使用する図柄には著作者の許諾が必要ということが言える。

貨幣の場合は、著作物に該当せず、著作権法は適しませんが、刑法の適用になります。刑法148条から153条を参照してください。

(旧)大蔵省印刷局が発行した『日本のお金』に記述があります。日本のお金のデザインは告示により官報で公示されます。著作権法第十三条第二項により国の告示は著作権の対象となりません。そのため日本のお金は著作権の対象外という扱いになるそうです。(合衆国通貨も同様にアメリカ合衆国政府の著作物のためPDです)。ただし「図柄の部分的に使用されている風景や動物などのデザインの基となる写真」には、著作権が存在している可能性もあるので、部分だけ切り出して使用するような場合は承諾が必要になることもあるそうです。

日本の貨幣の製造を行っている造幣局は、「貨幣の写真やイラストを印刷物に使用できますか」という質問に対し「通貨及証券模造取締法」の判断になると回答しています。

絵画などの平面的なものを、そのまま平面的に撮影したものについては、その「写真の著作権」は発生しないとする解釈が一般的のようです。対して彫刻のようなでこぼこと立体的になったものにはアングルなどで創作性が加わることが多いため「写真の著作権」が認められるようです。この解釈に準ずると、平面的に撮影した貨幣の写真については「写真の著作権」は発生せず、貨幣を立てたり斜めにしたりして立体的な構図で撮影したものについては「写真の著作権」が発生する余地があると思います。

参考文献 Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E4%BA%95%E6%88%B8%E7%AB%AF/subj/%E8%B2%A8%E5%B9%A3%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%81%AE%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9

財務省、ブラジル移住記念硬貨の図柄を変更 「著作権上の問題」

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080501/1010172/

http://director.blog.shinobi.jp/Entry/266/

Microsoft Windows Vista のサポート終了

現在、使っているWindows Vista は2012年4月10日で更新プログラムの配布が終了する。

Windows Vistaのうち、Home Basic、Home Premium、Ultimate は2012年4月10日にサポート終了。Business、Enterpriseは延長サポートで2017年04月11 日まで。

Windows 8(コード名)が発売されるのを待つのがいいか現在のWindows 7で海外メーカーを選ぶか選択を迫られた格好だ。

Windows Vistaが発売して5年が経つ。家電製品特にパソコンは液晶の美しさ、メモリの容量、ハードデイスクの容量等格段に進化している。

ヒューレットパッカード、アスース、エイサー、eマシーンズ、レノボ、デルコンピュータなど欲しい。国産の富士通、NEC、東芝はオフィスが付いているので便利だが価格と性能を見比べることにする。

Officeは必携です。

http://support.microsoft.com/lifecycle/?c2=11732

データ集の更新

久しぶりに柿木義一さんの応援HPのデータ集を更新しました。

来期、第71期順位戦から参加する新四段2名とフリークラスからの伊藤真吾四段。

関根紀代子女流六段、マイナビ杯で本戦入りした長谷川 優貴女流初段、奨励会1級から清水市代女流六段を破り初タイトルを獲得された加藤桃子女流王座ほか更新しました。

http://sky.geocities.jp/xspcd163/


明日は、京成大会です。本田小百合女流二段も来られます。

水戸京成百貨店 第59回小・中学生将棋大会
http://www.mitokeisei.co.jp/topics/shogi/2012_59_shogi.html

謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

謙虚な気持ちを忘れずに、努力を怠らず、挑戦をし続けたいと思います。