Windows7用のIE10のインストール

Windows7用のIE10をインストールしました。今のところ、不具合はなく動いています。罫線など綺麗に見えるようになりました。

現行貨の手変りは一人では限度があるので数人で分担して見つけるようにすればいいと思う。部屋中10円玉であふれていますのでコインホルダーに入れたり整理整頓をしたいと思います。

著作権法は早い流れで付いていけない。

10円青銅貨分類表 再開

以前から某出版者に投稿していました10円青銅貨手変り分類表ですが画像と少しの修正で完成することになりました。まあ、投稿される側にとっては中途半端なものを何通も出されるのがいやになってしまうのですが良い返事でよかったです。コインマガジンが廃刊になって、収集とフジインターナショナルミント社のキュリオマガジンのみです。

昭和61年前期後期、昭和62年前期後期、昭和63年前期後期の分類方法が間違っていたようです。また、研究者もまだ分類されたことがないと思います。画像の添付、存在率などの情報、鈴木先生の情報を付け加えて完成の予定です。

未見のもの数枚を見つけるために選り銭をしています。必ず見つけたい年号は見つかりますが自宅に戻り拡大鏡で見るとごくありきたりのものばかりです。本当に採用されないと困るなあと思ったりしています。普通のコレクターにとっても必要でオークションの相場や名称の統一などしたいことが山積しています。

今月は著作権の論文を作ったりいろいろ大変です。

分類表 不採用

昨日、某出版者様にお送りした現行10円手変り分類表の結果が届きました。予想していた通り、結果は不採用。Excelの利用方法がプロ並みにうまくなければならないのか。趣味なので時間をかけて修正追加していきますがこれ以上の追加はしないつもりです。

分類方法や手変り番号、存在率などは分からずじまいに終わると思われます。今後、投稿することはまずないと思います。コレクターさんごめんなさい。各自調べてください。

現行10円青銅貨手変り分類表の完成

現行10円青銅貨手変り分類表が完成しました。Excel2007で喀龍先生と鈴木先生の分類を付け加えて自分なりの分類も付け加え大まかな分類表にしました。自分の見解、画像も添付し出版社に投稿しました。まだ存在の報告はあるが現品未確認のものが残っています。希少な貨幣、未見のものを見つけます。

次は5円、500円の手変り分類表です。

自動販売機 ついていない

自動販売機で10円の出し入れをしているとなんと10円をカウントしない機械に会いました。30円と電光掲示板に表記されただけでそれ以降10円を何枚追加しても数えない。およそ70円もの大損害。ついていない。

やはり地元の金融機関の引き出しが確実です。

楽天オークションの保有ポイントを使い切るため全額楽天ポイント払いが今まで無料だったのが有料になりました。よく数えて入札すること、楽天オークションはなるだけ入札しないようにしようと思います。