パズドラ

AppBank Store よりクリスマス・プレゼントの発送の通知が届きました。iPhone5sのケースが欲しかったのですが商品名は パズル&ドラゴンズ スペシャルぬいぐるみアソート  でした。どのように利用しようかと悩みます。到着が楽しみです。改めて報告します。著作権はガンホ・オンライン・エンターテインメント株式会社に帰属します。

ガンホ・オンライン・エンターテインメント株式会社

http://www.gungho.co.jp/

パズル&ドラゴンズ スペシャルぬいぐるみアソート 

http://www.appbankstore.jp/products/detail.php?product_id=1494&aflid=%2BKkHpBIwfx4Ob5EO77K8SGFqOPjfadGFeiDgdd4UlXsG9YtA7rwEifS%2BbleClrHMF8r5KIFys5MPun1GoMgI0KeVbmUJEYEwO9iepdtWrVFEz9GVZCJ46xyKt%2Fm2xWLW

楽天オークションの手続きを近所のファミリーマートよりファミポートを使い、iPhone5sを使いながら済ませました。

随分と暖かくなり大きな鳥が飛来してきました。鳥の名前はアプリで検索できるかもしれません。ゴミを散らかすカラスとは異なっています。

現行10円手変り分類ですが記号を平成の銘は刻印が明確には分からず専門家の協力が必要になります。新手変わりを見つけています。昭和56年Bf1タイプ右裳階枕無しの状態のいいものを探しています。自分で平成の刻印の記号を付けてもいいのかと考えています。

昭和54年左隅楼軒先:細い2本線、左裳階:枕無し、昭和56年Bdタイプ左裳階:枕上下無しはいまだに見つかりません。未使用の10円玉を揃えたい。ミント出しとロール出しの2種類がありますが分類方法を公開しているせいで存在率の高いものしか出てこないと思います。敢えて選んでくると思います。珍品の類は出てこなくなる気がします。

私も欲しいので珍しい手変わり品を選んでほしい。実に困ったものです。分類方法が確立されたことは喜ばしいことなのですが入手するのに容易ではなくなります。希少価値の高いものは選んでくれなくなるだろう。仲介業者もそれが商売なので仕方がないものと思える。コレクターも同様の傾向があると言えるだろう。

昭和59年左破風 階段型Cbタイプの画像

ようやく画像ができました。1年数か月も探していました昭和59年左破風 階段型Cbタイプの画像を紹介します。流通品です。超希少品です。

画像はいずれも22倍ピークルーペの上から撮影しiPhone5sのcamera+(有料)というアプリを使いました。

・左破風 階段型Cbタイプの画像

Img_0266hk

・右破風 切れ目無し

Img_0267h

一安心しましたので新種の発見および手変り分類表、論文に挑戦したいと思います。

手変りの研究会 新発見は長い年月がかかる

現行銭の手変わりについての貨幣研究会があれば参加したい。内外貨幣研究会が「近現代の現行貨幣」を発行していることから地元にあれば参加したい。このような研究をしている古銭会がいい。

10円を例にとっても手変りが見つからず、昭和59年左破風 階段型のように1年以上も探してようやく見つかるものもあるためです。特定の年号に絞って手変りを見つけたい。

最近の平成の年号も数多く探せばもしかしたらあるかもしれない。報告をお待ちしています。

Windows7とiPhone5sの同期をしてみました。解像度の高い画素数の多い画像を貼る予定です。

ヤフオクへの出品もしたいのですが準備ができておらずすぐにはできません。今まで10円玉を集めた貨幣を年号順に出品するつもりです。商品説明もできるだけ詳しく記載します。画像もデジカメのものではなく、iPhone5sの画像を使うつもりです。

AppBankクリスマスプレゼントに当選

まず当選する確率は無いに等しい懸賞のようなものに当選しました。iPhone5sを購入してAppBankストアのTwitterにフォローして毎回応募していました。

何が届くか到着してのお楽しみです。バンパーケースが欲しいと前から思っていましたのでこの商品になるといいなと自分なりに想像しています。

頑丈なバンパーと9Hのガラスフィルムが欲しいので家電量販店やSoftBankショップを見てみて、AppBankストアより購入してみたいです。高いですね。

柿木将棋9は9.03にアップデートされました。宮本定跡2014一般型、従来型も公開されています。

http://www.geocities.jp/jyouseki2013/

現行10円の手変りを集めています。新種も含めて見つけていますが何せ人が足りない。賛同してくれる人を募集しています。5円、50円玉も両替したい。

昭和の年号の手変わり 修正

昭和26年
・昭和27年前期 めんどり 鳩型鳳凰
・昭和27年後期 おんどり 鶏形鳳凰 造幣局で修正 
昭和28年
昭和29年
昭和30年
昭和32年
昭和33年

昭和34年Aaタイプ
昭和35年Aaタイプ
昭和36年Aaタイプ
昭和37年Aaタイプ

昭和38年前期 Aaタイプ 右前楼破風(昭和34年~昭和38年型)
昭和38年後期 Abタイプ 右前楼破風(昭和38年~昭和40年型) 右隅楼軒先:2本線

昭和39年Abタイプ

昭和40年前期 Abタイプ 右隅楼軒先:2本線
昭和40年後期 Acタイプ 右隅楼軒先:1本線
昭和41年Acタイプ
昭和42年Acタイプ
昭和43年Acタイプ
昭和44年Acタイプ

昭和45年前期Acタイプ 左隅楼・宝珠切れ目無し●有り 非常に多く認めることができる
昭和45年後期Baタイプ 左隅楼・宝珠1本線 少ない
昭和46年前期Acタイプ 左隅楼・宝珠切れ目無し●有り 少ない
昭和46年後期Baタイプ 左隅楼・宝珠1本線 非常に多く認めることができます

昭和47年Baタイプ 左隅楼:細い1本線
昭和48年Baタイプ 左隅楼:細い1本線
昭和49年Baタイプ 左隅楼:細い1本線
昭和50年Baタイプ 左隅楼:細い1本線
昭和51年Baタイプ 左隅楼:細い1本線

昭和52年Baタイプ 左隅楼:細い1本線 非常に多く認められる
昭和52年Bbタイプ 左隅楼軒先:細い2本線 少ない
昭和53年Baタイプ 左隅楼:細い1本線 稀少
昭和53年Bbタイプ 左隅楼軒先:細い2本線 最も多く見ることができます
昭和53年Bcタイプ 左隅楼軒先:細い1本線 先端跳び上がり 稀少

昭和54年Bbタイプ 左隅楼軒先:細い2本線、枕:有り やや少ない
昭和54年Bcタイプ 左隅楼軒先:細い1本線 先端跳び上がり 最も多く認められる
昭和54年Bdタイプ 左隅楼軒先:●有り、左裳階:枕無し やや少ない
昭和55年Bcタイプ 左隅楼軒先:細い1本線 先端跳び上がり 少ない
昭和55年Bdタイプ 左裳階:枕上下無し
昭和55年Beタイプ 左裳階:枕下有り

昭和56年Bcタイプ 左隅楼軒先:細い1本線 先端跳び上がり 枕下有り 翼楼:●無し
昭和56年Bdタイプ 左裳階:枕上下無し (喀龍先生)未見 存在の確認はしていません

昭和56年Beタイプ 左裳階:枕下有り 少ない
 

昭和56年Bfタイプ   左裳階:枕上下有り 右裳階:枕下有り  最も多い
昭和56年Caタイプ 左破風:階段型 階段片方切れ 翼楼:●有り

昭和57年Caタイプ 左破風:階段型 階段片方切れ
昭和57年Cbタイプ 階段両方切れ目有り
昭和58年Cbタイプ 左破風:階段型
昭和58年Ccタイプ 左破風:楔形 右裳階:枕上下無し
昭和58年Cdタイプ 左破風:楔形 先端鈍角:広い 右裳階:枕上下無し

昭和59年Cbタイプ 左破風:階段型 右破風:切れ目無し 超稀少 
昭和59年Ceタイプ 左裳階:楔形 右裳階:枕下有り 右破風:切れ目有り 少ない
昭和59年Cdタイプ 左破風:楔形 右裳階:枕上下無し 右破風:切れ目有り 多い
昭和60年Ceタイプ

昭和61年前期Ceタイプ 階段切れ目有り 非常に多く認めることができます
・昭和61年後期Cfタイプ 階段切れ目無し 超稀少
昭和62年前期Ceタイプ 階段切れ目有り 稀少 ミントセットにも見ることができます、少ない
昭和62年後期Cfタイプ 階段切れ目無し 非常に多い ミントセットにも見ることができます

昭和63年前期Ceタイプ 階段切れ目有り ミントセットのみ確認 
昭和63年後期Cfタイプ 階段切れ目無し 流通品の存在率100%
昭和64年Cfタイプ 階段切れ目無し

現時点で手変りが確認できたものです。唐草模様の位置、「国」の文字形状は省き、特に宇治平等院鳳凰堂の図案に着目して分類してみました。

太字を集めています。・印はコインショップで販売されているようです。特に昭和61年後期タイプの未使用品が高値です。そのほかはまだ分類されて売られておりません。コインの価値を決めるのは稀少性、人気度です。人気がなければいくら存在率が少なくても額面のままです。少しだけのプレミアムが付くくらいです。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

平成26年 元旦

今年の目標はありすぎて書ききれません。まず、意義ある手変わり品である昭和61年後期を見つけること。次に、昭和59年左破風:階段型を見つける、さらに昭和56年上下枕無しの発見。銀行ロールの収集。できる限り状態の良い貨幣に入れ替えること。

情報が乏しく数人では限界があること。1年以上かけて昭和59年Cbタイプを見つけました。昭和54年銘も数多く見つければ存在が確認できるのかもしれない。昭和56年Bdタイプの新種を状態の良い貨幣で確認すること。

喀龍研究者をはじめW.S研究者の見解を受け入れ存在を確認したいということ。日本貨幣カタログへの分類方法の掲載がされるといいと考えています。ほか「収集」誌への論文にも挑戦したい。

まず、現行10円手変り分類表の修正および確認をするためにも多くの情報が必要になります。多くのコレクターの同意が必要になります。興味を持ってくださればいいのですが今までの研究会の傾向だと人気はすこぶる良くない。

賀状の返事を書く。コンビニで5枚入り450円を購入しました。印刷された年賀状は意外と見つけるのが難しいですね。