10円プルーフの手変わり分類

10円のプルーフを造幣局、コイン商、ヤフオクなどから入手してみた感想です。催事での手変わりの在庫も考慮しています。銀座コインによると、プルーフセットは外箱がかなり壊れている場合にしかプルーフを割ったりしないという。プルーフ崩しというものです。
プルーフの手変わりについて造幣局、催事、コイン店、ヤフオクなどから集めたものを自分なりに統計を取って分析してみました。買う買わないは価格にもよります。

神吉先生、鈴木先生の分類を踏襲しています。基本的にアルファベットの記号は同じ図案の貨幣です。また、前期中期後期は便宜上付けました。

昭和62年 Cf型 通常貨幣の昭和61年後期と同じ図案
昭和63年 Cf型 通常貨幣の昭和61年後期と同じ図案
平成元年 Cf型 通常貨幣の昭和61年後期と同じ図案

平成元年 Cg型 やや少ない
平成2年 Cg型
平成3年 Cg型
平成4年 Cg型
平成5年 Cg型

平成6年 Cg型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目ナシ
平成6年 Ch型 後期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ やや少ない

平成7年 Ch型 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ
平成8年 Ch型 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ
平成9年 Ch型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ
平成9年 Ci型 後期 左宝珠切れ目ナシ、階段切れ目アリ

平成10年 Ch型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ
平成10年 Cj型 後期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目ナシ

平成11年 Cj型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目ナシ
平成11年 Ck型 後期 左宝珠切れ目ナシ、階段切れ目ナシ

平成12年 Ck 型 左宝珠切れ目ナシ、階段切れ目ナシ

平成13年 Ch型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ やや少ない
平成13年 Ck型 後期 左宝珠切れ目ナシ、階段切れ目ナシ

平成14年  Ck型 前期 左宝珠切れ目ナシ、階段切れ目ナシ 、左石積み切れ目アリ 4枚と(やや少ない)
平成14年 Cm型 中期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ、左石積み切れ目アリ 非常に多い
平成14年 Cl型 後期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ、左石積み切れ目ナシ 1枚と稀少価値が高い

平成15年 Cl型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ、左石積み切れ目ナシ 多い
平成15年 Cm型 後期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ、左石積み切れ目アリ 2枚と少ない

平成16年 Cl型 前期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ、左石積み切れ目ナシ
平成16年 Cm型 後期 左宝珠切れ目アリ、階段切れ目アリ、左石積み切れ目アリ

平成17-28年 Cm型 刻印の違いがあいまいなところがあります。最近の貨幣は精密なコンピューターで作られています。そのため、手変わり品は製造されません。

自分の経験で分類してみた結果です。誤りがありましたらご指摘ください。

なんといっても稀少価値が高いのは平成14年Cl型です。次は平成15年Cm型、続いて平成14年Ck型、平成13年Ch型、平成6年Ch型、平成元年Cg型であろう。

まだ意義のある手変わりはないので安心です。プルーフ貨幣にプレミアムがつく事はございません。

 

第16回GINZAフェスタ21

初日に銀座フェスタ21 に初めて参加しました。販売目録を封書で送っていただいたため楽しみに東京見物することにしました。送付していただいた封筒を受付の若い女性に手渡す。
午前11時頃、会場の有楽町にある東京交通会館3階グリーンルームに到着しました。ところがまだ誰も行列を作っていなかったため近くにある椅子に座って少し待つことにしました。
この催事は出展数が15社と非常に少なく先着順の粗品はもらえると期待はしていませんでした。案の定、誰も粗品はもらえませんでした。
東京駅日本橋口
Image
会場の東京交通会館3階にあるグリーンルーム
Image_2
常陽銀行東京営業部
会場の東京交通会館に行く途中に見つけました。
Image_3
Image_4
会場は午前12時少し前に中に入ることができましたが、会場が狭いせいもあるのか異常に混んでいました。まぁ今回は各業者さんに話しかけると言う事がメインで面白かったです。
店頭に置いてあるものだと思いますが、稀少価値の高い平成10年Ci型 左宝珠切れ目ナシ、階段切れ目アリの未使用品を1枚、100円でゲットしました。同じ業者さんより昭和61年Ce型 前期を3枚,未使用品をゲット。
他の業者さんもプルーフ崩しを見てみましたが関西の方でも同じ珍しい手変わり品を探している収集家がいるそうで珍.新手変わり品は1枚もありませんでした。あれだけ探してないと言う事は誰かが意図的に購入したあととしか考えられません。公開していることがマイナスになることもあります。ですが、現行貨の手変わりの普及には貢献していると言うことができます。うれしい誤算ですね。
東京交通会館の催事に参加していなかった業者にも行ってきましたが見つかりませんでした。 iPhone6s PlusのGPS機能が大いに役に立ちました。
平成28年のミントセットは第27回東京国際コインコンベンションで購入します。未使用品のものを探しています。平成25.26.27.28年のプルーフも探しています。
行きに日本銀行金融研究所 貨幣博物館を日本橋で見つけました。ネットで調べてみると、天正菱大判金は2月いっぱいで真正品は見られなくなり、3月以降になるとレプリカになるという。余裕があるとき、見てみます。
銀座コイン
銀座ファイブ 探しました。
Image_5
有楽町の東京交通会館
Image_6
銀座
Image_7
寺島コイン
御徒町駅から徒歩でしたが迷いました。歩きスマホの状態でした。
Image_8