昭和61年ロールの開封

第25回さくらコインショーで1時間待って入手した昭和61年銘金融機関ロールをついに開封してみました。ロールが巻かれた場所が東京の金融機関ということから少し後期が混じっていても不思議ではないと思いましたが50枚すべてが前期。値段的に安値だったので納得。
十分に楽しめました。開封した新貨はクリスタルパックに入れクリップシラーで圧着。一袋に6枚入り。空気を入れないことが重要です。ボールペンで1枚一枚押し込んでいきます。時間がかかります。これでストーブの暖かい空気に触れても酸化しなくなりました。

昭和61年

Image

泰星誌上オークション

第65回泰星誌上オークションの落札結果が届きました。予想通りの落札額になり自分の手に入れることができませんでした。貨幣研究会でも指摘されたのですが現行の10円より近代貨幣を集めたほうが資産になるということで近代銭の銅貨、銀貨などをヤフオクなどで相場を調べています。



暖かくなりました。

第25回さくらコインショーに参加

初日の3月18日、東京交通会館12階ダイヤモンドホールに行き貨幣の即売会に参加しました。10時50分頃会場に到着、1番に並びました。販売目録に昭和61年 10円ロール と記載されていたものを買うためです。確実に手に入れるため催事は初日に行くことが重要です。今回、クレジットカードで決済できることになりました。

ロールは1本買えましたが自宅で金融機関コードをインターネットで検索すると東京ベイ信用金庫で巻かれたものだと判明しました。すべて前期で近年になって巻かれたものらしい。曖昧なのはロールのままでまだ解いていないためです。開封せずロールのまま保存することにして勉強になりました。チャック付きのビニール袋に保存しておく。空気を抜き。

貨幣研究会に参加してこのことを話してみると業者にも分からない分野があり過去に何度も似たような経験をしているということです。古銭の分野ではオークションには偽物が非常に多いと嘆いていました。即売会に参加しても良い状態のものはないということです。日本貨幣商協同組合の鑑定書が必要だと言われました。収集分野が高額な貨幣になってしまいます。

 

平成28年Cm 10円 ミント出し100円、昭和46年前期Ac400円、平成8年Ci100円×3、平成11年Cj @100円×2、平成14年Cl、Ck @100円×3、昭和45年後期Ba500円を購入。昭和45年と47年の海外ミントが1000円で売られていました。45年後期があれば買いたかったのですが勇気がなかったため店員さんに声をかけられませんでした。

有楽町にある東京交通会館
Image_4

昭和61年前期Ce 50枚ロール(東京ベイ信用金庫)

販売目録に記載してあれば買うことはありませんでした。
ロールの真贋は自信がありません。

Image_5

Image_6

Image_7

Image_8

 

茨城貨幣研究会に行ってきました

ほぼ一年振りに貨幣研究会に参加しました。気分の転換と間違いない収集の方向を知ることが主な目的です。盆回しで明治の2銭銅貨を購入しました。ちなみに一朱銀の研究者の所蔵のもので一枚500円でした。カタログ価格と同じくらいで、次回はカタログを持参します。先輩にアドバイスを受けて選びました。
初日にさくらコインショーに参加された方、貨幣の専門誌である「収集」を定期購読されている先輩もいらっしゃいました。

雰囲気も良く、大変有意義な時間を過ごすことができました。

明治13年銘
Image

明治14年銘
Image_2

明治15年銘

Image_3

大分、暖かくなってきましたが風が冷たく感じました。水戸市中心部に今日除幕式のあったみとちゃん、水戸ご当地アイドル(仮)を見る。新たに水戸駅構内も変わっていました。

第25回さくらコインショウの案内が届く

手変わり掲示板より案内状が届いた連絡があったのでお昼休みに日本郵便切手商協同組合に申し込んでおいた出品目録が届きました。銀座の消印があったので電話でも案内がもらえることが分かりました。



第29回JSDA切手まつりと第25回さくらコインショウは同じ会場で行われます。先着順の粗品ですが今度もありません。前回の銀座フェスタ21のように入場者はあまり来ないのだろうか。初めて参加するのでよくわかりません。



017047d08913e42eaeb14e338c49c03c898