【新種の発見】昭和62年プルーフ Ce型 階段切れ目有 が届きました

未見(存在しないものと考えられてきた貨幣が34年ぶりに見つかりました)でした昭和62年プルーフ Ce型 階段切れ目有 が祝日、日曜を挟んでようやく到着しました。従来の収集界での見解を打ち破るもので、大発見です。私の分類表によると、手変わり記号に関しては、プルーフは今後、新種が発見される可能性が十分ありますが漸次改良していきます。しばらくお待ちください。

貨幣専門誌の『収集』誌に採用・発表されたことも非常に効果があることだと思います。まだ、通常貨の昭和59年 Cb型 左破風:階段型(存在の報告はあるが現品未確認のもの 神吉先生の分類表による)の未使用がありませんので探しています。現時点では、通常貨の手変わり品の新種の発見はまずないと思います。

追記 あえて言えば、神吉先生の存在の報告はあるが現品未確認のものとして挙げられている昭和56年 Bd型 枕:上下無し だけだと思われます。私の経験ですとまだこの貨幣は1枚も見つかっておりません。「日本貨幣カタログ1994」と『収集』2006年9月号に掲載されていますが存在が非常に疑わしいものなので省いてもよろしいかと思います。

ヤフオク!の落札価格はかなり高額になりましたが私が10円青銅貨の手変わりをコレクションしはじめた8年前はほとんど収集家はいませんでした。しかし、当時現行コインの手変わりコレクターの間ではすでに超希少品として有名で、通常貨の昭和61年後期は未使用品が数万円で取引されていました。今では「手変わり品」というだけで高値が付くようになりました。時代は変わりました。驚きました。今後この貨幣に異常な高値が付くと思われます。

竹内俊夫「お宝貨幣なんでも読本」によると、「なかでもコレクターが注目するのが『手変わり』です。手変わりとは、同じ貨幣であっても、デザインや書体の細部に微妙な違いがあることを意味します。いろいろな手変わりが発見され、コレクター独自による研究が進んでいます。僅かな違いに思えますが、ここに評価額の大きな差が生まれ、その価格差は年々開いていくばかりです。貨幣の評価ポイントでは、『状態のよさ』『稀少性』『人気のデザイン』が重視されます。」と書かれています。

催事に行ったときに鑑定をしてもらいます。PCGS、NGCなどのスラブコインでの鑑定方法も有益です。従来は昭和61年後期Cf型は日本初の公式プルーフコインである昭和62年プルーフCf型の発行のための試験打ちとされたとも考えられる意義深い手変わり品と推定されていましたので今回の新発見により覆されたことになります。通常貨の昭和61年後期Cf型は神吉先生が1993年の第4回東京国際コインコンヴェンション催事の一環として開催された「第1回全国収集家の集い」の時に公の場で発表させていただいたもので、喀龍 神吉廣純「現行コイン選り銭の妙味」『収集』誌2006年9月号、15頁に発表されています。

Img_e0840_20210324190201

昭和62年プルーフだけでも1種類だけではなく3種類あります。Ce型(今回新発見の階段切れ目有)、Cf型(階段切れ目無し、「鬼瓦とその上にある鳥衾とりふすま:棒線」 )、Cg型(階段切れ目無し、「鬼瓦とその上にある鳥衾:連結」)です。東京に近い人はうらやましいです。明日にも確認に行き、探しに行きたいです。

Img_0838-1

「日本貨幣カタログ2021」に、10円青銅貨の昭和61年前期・後期の比較が掲載されており、「10円青銅貨には、多くの年銘にデザインの微細な『手変わり』が見られます。その中で、昭和61年後期の平等院鳳凰堂の図は、昭和62年のプルーフ10円青銅貨の図と全く同じデザインであることが確認されています。」と書かれています。

しかし、これは間違いで、私の分類方法によると、仮に昭和62年プルーフを階段切れ目有と階段切れ目無に分類した場合、「昭和61年前期の平等院鳳凰堂の図は昭和62年プルーフ階段切れ目有、昭和61年後期の平等院鳳凰堂の図は昭和62年プルーフ階段切れ目無と全く同じデザインであることが確認されています。」と修正して記載するのが正しいと思います。

貨幣専門誌『収集』誌に発表するか、人気テレビ番組「開運!何でも鑑定団」に申し込みをしてみたい気がします。なお、令和3年のプルーフセットの頒布数は少ないですが、評価は「日本貨幣カタログ2022(来年)」と同じと考えられるため、令和3年 10円青銅貨のプルーフでも300円しかなりませんのでご注意ください。

 

参考文献

「日本貨幣カタログ2021」日本貨幣商協同組合、34頁。

喀龍 神吉廣純「現行コインの選り銭の妙味」『収集』書信館出版株式会社、2006年9月号、14-19頁。

竹内俊夫「お宝貨幣なんでも読本」講談社、2013年、118-121頁。

「入札誌・銀座」が届く

(株)銀座コイン様より「入札誌・銀座(No.102)」を送ってもらう。いつものものです。10円青銅貨の未使用をコレクションしているため画像がないものは問い合わせてみたい。高額なため自由に使えるお金がありません。明日から連休です。

4月から貨幣研究会例会を再開します

3月21日(日)の茨城貨幣研究会例会中止です。新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、会場がまだ使えません。ですが、4月から少人数の10人以下なら会場を貸してくれることになりました。2か月に一度の研究会の参加になりますが、10円青銅貨プルーフの昭和62年Ce型 階段切れ目有の新手変わりの報告などができるため楽しみにしています。

3月21日(日)に一都三県の緊急事態宣言が解除されることが正式に決定されました。最新の10円青銅貨の手変わりのホームページを公開する予定です。ホームページビルダー21の書籍を読んでいます。パソコンで確認しています。

ソフトバンクのLINEMOに変更します。

第13回ミントミントオークションのカタログが届く

株式会社 ミントミントオークション様より「第13回 ミントミントオークション」(メールビットオークション)のカラーカタログを頂く。コロナ禍で数年も東京の催事には参加していません。昨日、再放送の「開運!何でも鑑定団」の際に出品された10円青銅貨の影打ちエラーも出品されています。今回はコレクションの対象の10円青銅貨の未使用の出品が多く、応札します。

デジタルカタログの風潮が高くなる中で紙媒体のカタログを発送してこられるのは非常にありがたいです。催事の時、お礼を言います。あるいは催事での私の印象が強かったのか。結局、さくらコインショウのカタログは送られてきませんでした。会場での手にとって顕微鏡を使っての判断ができないためライバルに先を越されてしまいますがこればかりは仕方がありません。自粛しています。

5月の東京国際コインコンヴェンションには参加する予定を立てています。それ以降は毎回上京します。そうでないと趣味のコレクションができません。楽しみも欲しいです。働いてばかりでは疲れが残ってしまい面白味がありません。

スマートフォンはLINEMO(2450円)にすることに決めました。

【東京】第34回JSDAまつり・第30回さくらコインショウ2021の案内状が届く

(株)新橋スタンプ商会様から第30回さくらコインショウのハガキを貰う。

 

東京交通会館12階 有楽町駅すぐ

東京都千代田区有楽町2-10-1

℡:03-3216-2024

3月19日(金)12:00~18:00

3月20日(土)10:00~18:00

3月21日(日)10:00~16:00

(最終日入場15:30まで)

国際科学技術博覧会 筑波山、梅

昼間のコイン撮影を久しぶりにした。時間があったため。

『収集』誌1995年12月号、45頁には、

筑波山、梅

[E:#x2606]1985(昭和60年) 500円白銅貨「Y88」 国際科学技術博覧会

①国際科学技術博覧会

1985年に「人間、居住、環境と科学技術」のテーマで、茨城県筑波研究学園都市において開催された。コイン裏面の文様は、国際科学技術博覧会のシンボルマークである。

Img_e0701

②筑波山

茨城県にある山。山頂が断層になっており男体山(標高870メートル)と女体山(標高876メートル)の二峰に分かれている。筑波山神社の境内地として植物が保護され、大樹が多く、垂直分布も明確である。関東平野に突き出て山容も美しいので、古代から歌に詠まれている。測候所、地震研究所、無線中継所などの科学施設が多くある。

Img_e0702

③ウメ(梅)

ウメの花は、国際科学技術博覧会会場となった茨城県の県木県花である。

Img_e0700

東京都と埼玉県、千葉県、神奈川県に出されている「緊急事態宣言」について、3月21日(日)まで2週間延長することを表明した。

3月20日の「第30回さくらコインショー」には参加したい。泰星コイン株式会社様より「第78回泰星誌上・ネットオークション」の落札価格表を送付させてもらう。私は現行貨幣しかコレクションをしていないため見送りました。

ミントセットやプルーフ貨幣など整理をするがまだすべては揃っていないので完全ではない。最近忙しく自分の時間が取れません。