「第60回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」が開催されます。地図があります。有楽町駅の京橋口【D8】出口。

新橋スタンプ商会さんの公式ホームページに、今週末、3日から5日まで有楽町・東京交通会館12階にて「第60回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」が開催されます。地図があります。有楽町駅の京橋口【D8】出口。今回は、昼食を済ませたらもう一度会場内に戻るくらいしてみたい。プルーフセット、ミントセットの中身を見せてもらいたい。特にプルーフセットは数がなく普段、見ることがないからだ。見逃しているものがある可能性が高い。

「昭和61年後期 Cf型は昭和62年プルーフを製造するための試鋳貨的な意図で作られた可能性が強い、つまりより素晴らしいプルーフ貨を作る目的で、昭和61年の終盤に昭和62年銘プルーフ貨用として平等院鳳凰堂などのデザインを洗練して表側原型を作り直し、その原型から作った極印で試験的に打ってみて出来栄えを確認したものではないかと思われる」と喀龍さんは『収集』誌2006年9月号で主張されておられるが、今年、新発見できたためこの推測は覆されたといえる。

「日本貨幣カタログ」2023年に訂正されて分類方法などが掲載されることは間違いなく、私の新発見からこの考え方は見事に覆されたといえる。10円青銅貨の手変わりの中でも意義ある手変わり品として昭和61年後期だけが特別な稀少手変わりになりうるという時代は過去のものになり、これからの時代は稀少価値のより高い手変わり品に焦点が移るようになると思われる。そのため、超稀少品、存在の報告はあるが現品未確認のもの、未見品の未使用を早いうちに買い求めておいたほうがいいと思う。遅くなればなるほど値上がりして買えなくなるだろう。例えば、今日の昭和61年後期がその通りで徐々に値上がりする傾向は強く見られ、東京コインショーでもコイン業者さんは異常な高値をつけていた。

ホームページに昭和61年後期Cf型は昭和62年プルーフを製造するため試鋳貨的な意味合いがあるということを改めて書き直したい。『収集』誌に投稿してもいいが文才がなく良い文章が書けない。できるだけ多くの収集家に新発見により覆されたということを知ってもらいたい。

茨城貨幣研究会より忘年会のお知らせが届く。チャリティーボイスオークションが楽しみです。未使用の10円青銅貨が出品されれば非常に嬉しいです。現行貨が出品されれば欲しいのですが、銀貨でも非常に珍しい手変わり品、素晴らしい状態のものが人気があります。古銭界も範囲が広く様々な分野を専門に集められている先生方がおられます。コイン業者に売るときは半値以下なので近代銀貨でも落札したいです。記念に。せめて1品だけでも。会費がかかります。場所の新竹の写真を今度撮影してこようと思う。

ミントミントオークションさんは第3回ミニオクが開催されます。興味がある先生方はお忘れなく。

●銀座コイン会長・竹内俊夫がテレビ東京系列(7ch)の「開運!なんでも鑑定団」にコイン鑑定士として出演致します。
放送日:2021年12月7日(火) 20:54~21:53

放送日:2022年1月11日(火) 20:54~21:53

※11月30日分の放送は特別番組に急遽変更されたため、延期となりました。東京コインショーの時に下見をすればよかった。何らかの収穫はあるはずである。

三代目500円バイカラークラッド貨幣は11月1日に発行されてから30日が経過したがまだ、入手出来ていない。金融機関にも寄ってみたがまだ入荷されていないとのこと。自販機やATMなどへの対応などが極端に遅れている地域のためなのか。

追記

12月1日の日本経済新聞電子版によると、「東京調布市のバスや自販機で使用できないケースが増えているという。「当面は旧硬貨の比率が高い状態が続くと見込まれる、ダイドードリンコ広報担当者。」東京、大阪などでは金融機関で引換が行われている。Suicaなどの交通系ICカードの普及で現金払いは全体の1割に満たないという。費用対効果が低いという。

八木先生よりレトロコインオークションのカタログを頂く

茨城貨幣研究会例会でお世話になっている事務局がある新潟県在住の八木先生より第6回レトロコインオークションのカタログを頂く。研究会に少数送られてきたカタログの抽選に当選したため発送されたそうです。先日、レトロコインオークションのカタログが送られてきたものと同じものです。欲しいものはありますが高い。

10円青銅貨の未見品、存在の報告はあるが現品未確認のもの、超稀少品の未使用が出品されるまで待ちます。恐らく、スラブにしてアメリカから日本に帰ってくるまで半年以上かかるため6か月より多くの月日が経ったら収集範囲や応札も変わってくると思う。コイン業者なのでスラブ入りすなわち樹脂入りにしてより高値で出品されるのだと思う。それまで待ちたい。必ず出品されるはずである。

同時に、貨幣業者の店頭にも展示されて販売されることだろう。

「第80回泰星誌上・ネットオークション」カタログが届く

昨日、ネコポス便で第80回泰星誌上・ネットオークションのカタログが届きました。内容を見るとやはり画像がありません。欲しいものがありませんが1点入札しておきました。不発行10円洋銀貨が欲しいです。格安で。過去のデータを見ましたが半値以下ということから10万円以下になるのではないか。

未見品、存在の報告はあるが現品未確認のもの、超稀少品が欲しいです。できれば未使用で。お持ちの方お願いします。

また、11月21日CBC放送 BACKSTAGE ~MC武井壮が「新500円硬貨」製造現場に潜入!~によると、今日の大阪造幣局で使われる種印についても詳しく解説されています。「貨幣の模様をつける元となるものを種印と呼んでいる。種印とは硬貨の模様が刻まれた金型のこと。種印を写し取った極印をいくつか作り、工場で硬貨作りに使う。種印は世界で一つしかない硬貨作りの大元。ただし、極印を作るたびにすり減って模様が変形するため、定期的に修正している。」昭和のころはわかりません。種印だけ修正していて極印はそのままのようです。

寒さが厳しくなり、ストーブをつけています。自宅の後片付けをしましたがもう一日欲しい。

第29回泰星インターネットオークション入札開始

本日、第29回泰星インターネットオークションの入札受付を開始しました。11月26日から12月5日まで。資金と欲しいものがある収集家は見逃さないでください。私は遠慮します。手数料10パーセント、消費税を入れると11パーセント。

今日は暖かかったです。

「日本貨幣カタログ」2022年版にも昭和61年 前期と後期、昭和62年プルーフの関係が掲載されています。我が国で初めて喀龍さんが『収集』誌2006年9月号で発表された昭和61年後期 Cf型はプルーフの昭和62年を製造するための試鋳貨と15年以上もの間、その解釈が古泉界では定着されてきました。しかし、私の昭和62年プルーフ貨 Ce型の発見により試鋳貨ではないことが判明しました。『収集』誌にも従来の考え方を改訂・改良されて掲載されることを強く望みます。分類方法も昭和61年前期と後期だけでなくたくさんのものを掲載して欲しいです。

最新の考えを盛り込みホームページを少し訂正しました。

「日本と世界の貨幣・コイン」あいこいんずニュース

私のWebページがアイコインズさんのメルマガに来月紹介されますが、どこに登録すれば読めるのかわからない人も多いと思います。

メールマガジン名:「日本と世界の貨幣・コイン」あいこいんずニュース

https://www.mag2.com/m/0000041065

発行は月2回です。無料。興味のある方は登録されてはいかがですか。発行後、すぐに読めます。

寒さが厳しくなりました。

12月4日(土)第6回レトロコインオークションのカタログが届く

レトロコインオークションのカタログが届きました。

2021年12月4日(土)みなとみらい パシフィコ横浜

入札締切 12月2日(木)12:00必着

未使用の通常貨と通常プルーフの10円青銅貨は持っているので手変わり表示されて超稀少手変わりの未使用、存在の報告はあるが現品未確認のもの、未見品が出品されるまで待ちたい。すべて未使用で揃えています。より状態の良い光沢のある貨幣を探しています。

スラブの鑑定結果は高額なので中身が大事です。10円青銅貨 昭和35年 PCGS-MS66RD(UNC-FDC)が目に留まりました。スラブの番号が分からないため応札はしたいがよく見られないのが残念です。

「第60回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」の目録が届く

今日、来月の催事の「第60回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」の案内が新橋スタンプ商会さんから届く。

12月3日(金)12:00~18:00

   4日(土)10:00~18:00

   5日(日)10:00~16:00(最終日の入場は15時まで)

場所:JR有楽町駅前 東京交通会館 12階カトレアサロン

出店は国内外より専門店35社参加

期間中、会場内に【無料鑑定・買入コーナー】を開設!!

主催:世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり実行委員会

後援:日本貨幣商協同組合、日本郵便切手商協同組合

興味のある方は参加無料なので行かれてみてはいかがですか。

朝、毎日のように寒さが厳しくなっています。

国内外の希少なコイン・切手が東京有楽町に集結!「第60回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」 | 新橋スタンプ商会のプレスリリース | 共同通信PRワイヤー (kyodonewsprwire.jp)

新500円バイカラークラッド貨幣の製造現場

TVerで新500円バイカラークラッド貨幣の製造場所の大阪・造幣局の内部があり参考になります。平等院鳳凰堂の図柄の10円青銅貨の種印の作者の(造幣局 種印職人歴38年)土手内靖さん(57)もコメントされています。6人で種印の修正をされている姿が撮影されています。最も種印作りが難しいものに10円青銅貨を挙げられています。

土手内さんは全ての貨幣を彫る技術を持つ。また、無数にある細かい線をくっきりさせるのが至難の業であると言う。

また、土手内さんが入省されてから10円青銅貨を彫れるまで25年かかったという。非常に難しい作業だ。細かい線を彫る技術を長く経験を積んで一人前になる。技術者といえる。

10円青銅貨の種印作りができるのは、土手内靖さんと造幣局 種印作り28年 松本和彦さん(49)の2人だけです。種印作りの作業期間(修正作業)には2か月掛かります。他の1円、5円、50円、100円、500円は2-3週間です。

https://tver.jp/corner/f0089648

BACKSTAGE ~MC武井壮が「新500円硬貨」製造現場に潜入!~

CBCテレビ 11月21日(日)放送分

11月28日(日)23:29終了予定なので見逃された方はお早めに。

「日本貨幣カタログ」2022は地元の公立図書館に注文しました。

日本貨幣協会の日帰り旅行の件

日本貨幣協会の日帰り旅行が延期されました。常陽史料館で茨城貨幣研究会会員で日本貨幣協会参事の加藤辰夫氏に水戸で作られた寛永通宝などのお話を聞くことになっています。

以下、日本貨幣協会公式HPより引用

水戸日帰り研修会は、訪問予定の施設が当日、緊急設備点検で休館のため、延期となりました。

 江戸時代初期から幕末まで鋳造され続けた「寛永通宝」。今回の研修先である水戸市の常陽史料館貨幣ギャラリーでは、水戸で鋳造された寛永通宝などを始め、各種の貨幣が展示されています。

 どなたでも自由に参加できますので、下記までお申し込みください。

   1 日 時:令和3年12月5日(日)  延期が決まりました。

 2 場 所:常陽史料館(水戸市備前町6-71)

 3 集 合:現地集合(JR水戸駅改札口に13時集合)

 4 参加費:無料(現地までの交通費は各自負担)

 5 問合せ・申込先:日本貨幣協会企画委員長 渡辺(℡:090-8852-4291)

加藤辰夫氏には昭和33年10円青銅貨 流通貨を1枚60円で譲っていただいた記憶がある。正確な枚数は忘れましたがたくさんありました。楽しみに待ちたい。

追記

コインホルダーに63枚で3500円と書かれていました。一枚当たり55円です。2017年12月17日の忘年会で譲ってもらいました。別な加藤さんかもしれません。申し訳ありません。昭和32年を譲ってもらったこともあります。

次回の催事では店主さんと話し情報を得てこようと思う。会話は極力控えることとパンフレットには書かれていました。