「第80回泰星誌上・ネットオークション」カタログが届く

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、ネコポス便で第80回泰星誌上・ネットオークションのカタログが届きました。内容を見るとやはり画像がありません。欲しいものがありませんが1点入札しておきました。不発行10円洋銀貨が欲しいです。格安で。過去のデータを見ましたが半値以下ということから10万円以下になるのではないか。

未見品、存在の報告はあるが現品未確認のもの、超稀少品が欲しいです。できれば未使用で。お持ちの方お願いします。

また、11月21日CBC放送 BACKSTAGE ~MC武井壮が「新500円硬貨」製造現場に潜入!~によると、今日の大阪造幣局で使われる種印についても詳しく解説されています。「貨幣の模様をつける元となるものを種印と呼んでいる。種印とは硬貨の模様が刻まれた金型のこと。種印を写し取った極印をいくつか作り、工場で硬貨作りに使う。種印は世界で一つしかない硬貨作りの大元。ただし、極印を作るたびにすり減って模様が変形するため、定期的に修正している。」昭和のころはわかりません。種印だけ修正していて極印はそのままのようです。

寒さが厳しくなり、ストーブをつけています。自宅の後片付けをしましたがもう一日欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です