事務局よりレトロコインオークションのカタログを頂く

このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城貨幣研究会例会でお世話になっている事務局より第6回レトロコインオークションのカタログを頂く。研究会に少数送られてきたカタログの抽選に当選したため発送されたそうです。先日、レトロコインオークションのカタログが送られてきたものと同じものです。欲しいものはありますが高い。

10円青銅貨の未見品、存在の報告はあるが現品未確認のもの、超稀少品の未使用が出品されるまで待ちます。恐らく、スラブにしてアメリカから日本に帰ってくるまで半年以上かかるため6か月より多くの月日が経ったら収集範囲や応札も変わってくると思う。コイン業者なのでスラブ入りすなわち樹脂入りにしてより高値で出品されるのだと思う。それまで待ちたい。必ず出品されるはずである。

同時に、貨幣業者の店頭にも展示されて販売されることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です