2010-12

目次

豊島字母帳

字母について文献をはじめWEBでまとめている。昨年の天童将棋駒祭りで伝統工芸士の国井天竜師が字母をはさみで切り駒製作をしていた。版木やハンコで字母を作り、和紙に転写して使用していた。 豊島字母帳の字母が有名です。字母とは筆で模写するものと勘...
目次

補償金訴訟で高裁に控訴

デジタル放送専用のDVD録画機を販売、製造する東芝が著作権法で規定された「私的録画保証金」を支払っていないとして、著作権者の団体である社団法人・私的録画補償金管理協会が東芝に約1億4600万円の損害賠償を求めた訴訟で、同協会は28日、請求を...
目次

DVD録画補償 強制力なし

アナログチューナー非搭載DVD録画機器を私的録画補償金の対象機器とする件について デジタル放送専用のDVDレコーダーを販売した際、著作権者らに分配される「私的録画補償金」を納付しなかったなどとして、社団法人「私的録画補償金管理協会」(東...
目次

裁判所の判断

朝、耳が寒くなってきました。コンピュータソフトウエア著作権協会に問い合わせをしました。柿木定跡ファイルがプログラムの著作物かどうかは裁判所の判断という答えでした。当然です。明確にできません。見解が分かれています。文化庁著作権課の動画を見つけ...
目次

銀将にひびが入る

駒にひびが入りました。原因はいくつかあります。普段乱暴に扱ったせいだろうか。銀将なので頻繁に使う駒の種類です。ヤフオクで4万で買った駒です。高価な駒も考え物です。 今日の将棋教室は予習、テスト勉強をしなかったため休みました。年賀状の作成に...
目次

将棋人口はなぜ減少したか

将棋はなぜ斜陽産業なのか。現代はゆっくりとした時代ではなくインターネットやメール、ツイッターなどのメデイアが繁栄し速報性が重要視される。それに対し、将棋は単に指しているだけでは上達せず駒を使って棋譜を並べたり、詰将棋を解いたり、必至を解いた...
目次

書の著作物性

書家は大勢おり、書道という立派なジャンルがすでに確立されていることから、書自体に著作物性が認められることに異論はないであろう(三山裕三「著作権法詳説」50頁、2007年)。字母紙には著作権があるに違いない。美術の著作物で保護される。著作権が...
目次

字母紙の書の著作物性

「書」については判例があり(雪花月事件、「動書」複製主張事件、モリサワ書体事件、趣及び華事件)著作物性は、文字の字体そのものは情報伝達の手段であり万人共有の文化的財産であるからその独占は許されない。また、書の字体についても同様である。これに...
目次

日めくり詰将棋カレンダーを購入

とうとう買ってしまいました。昨日、どうぶつしょうぎが紹介されたので丸善水戸京成店で「日めくり詰将棋カレンダー2011」を購入。ネットで検索すると、品切れが多くそのこともあり決意しました。頭の中では、モノは買ってはいけないということもありまし...
目次

日めくり詰将棋カレンダー2011が品薄状態

やはり人気の商品は品薄、売り切れです。カレンダーを買っても強くはなるものでもない。明日、丸善水戸店で在庫を確認してこよう。
タイトルとURLをコピーしました