2011-08

目次

上戸彩の著作権講座

著作権情報センターから「上戸彩の著作権講座」を貸与した。2005年6月1日にシングルが発売され、2004年11月1日に配信開始される。mora(モーラ)です。「あふれそうな愛、抱いて」の作詞家は三浦徳子氏、作曲家は織田哲郎氏になり2人が著作...
目次

特許庁

平成23年度 知的財産権制度説明会(初心者向け)に行く。水戸駅南のホテル・レイクビュー水戸。特許庁の高橋先生が講師。講義を聴くのは学生の時以来か。産業財産権(特許権、意匠権、商標権、実用新案制度、不正競争防止法、育成者権、著作権)等を学ぶ。...
目次

メールの転送

「メールとは、インターネットを介してやり取りされる手紙のことです。メールの内容が仕事に関する事項であっても、個人間の私的な事項であっても、メール作成者(送信元)の何らかの「思想・感情」を表現したものであれば、一般には言語著作物に当たるとされ...
目次

氏名肖像権、雅号の訂正

朝から雨でした。氏名肖像権は福井健策先生の唱える説であり、日本には肖像権しかないのというのが通説です。福井先生は日本とアメリカの弁護士でもあるので著書の「著作権の世紀」に書かれているに違いない。イチロー選手は肖像権があるということができます...
目次

オフラインのキャッシュ

めっきり涼しくなりました。冬に向かい一直線です。5年位前のことですが、オフラインでその時に作られたキャッシュを見ると、ネット上の著作物を見ることができると指摘されました。これは違法です。反対に、オンラインでネット上の著作物を見ることは合法で...
目次

猛暑日

今日は著作権、商標権、意匠権、特許権などの知的財産権の話はやめて猛暑日でした。駒の話は書体は商標登録することなど、駒尻の銘は有名な駒師の号(変名)なら氏名肖像権があるのではないだろうかといったお話がありましたが法律は依然と変わりありません。...
目次

氏名肖像権

将棋の駒の駒尻に「大山書」「中原書」「森内俊之書」等の著名人の名前が彫られるもしくは盛り上げられます。説が分かれるかもしれませんが、氏名肖像権はあるといっていいでしょう。 日本には肖像権法という法律はありません。駒尻を変更して販売することは...
目次

設定出版権

以前、頒布権について書きましたが映画の著作物について認められています。映画の著作物の複製物を頒布(販売、貸与)することとされています。出版とは違います。中山信弘東京大学名誉教授、明治大学特任教授によれば、「放送やインターネット送信などのよう...
目次

上戸彩の著作権早わかりPart2

著作権情報センター(CRIC)より、著作権制度の普及を目的に制作された「上戸彩の著作権早わかりPart2」を貸与した。企画・製作は一般社団法人 私的録音保証金管理協会(SARVH)で私たちの複製物には私的録音録画補償金制度が規定されており、...
目次

多次的創作

著作権の保護期間の切れることによる活性化も見られます。保護期間が終了した作品のことをパブリック・ドメインPDと呼びます。このような古い作品に基づき新しい作品が作られることがある。 例えば、平原綾香さんのホルストの『ジュピター』(木星)です...
タイトルとURLをコピーしました