2016-07

目次

昭和54年 左隅楼軒先:細い1本線 隅棟:先端跳び上がり Bc型

昭和54年銘のBc型は左隅楼軒先が1本線、隅棟の先端跳び上がりが特徴です。同じ傾向はS53年銘のBc型にも言え、両者とも全く同じ図案です。微差は見ません。大まかに手変わりを分類しました。 昭和54年 左隅楼軒先:細い1本線 隅棟:先端跳び...
目次

昭和54年 左隅楼軒先:細い2本線 Bb-1型

S52年銘Bb型に続いて同図案が使われていますので説明します。同じ図案はS52、S53、S54に用いられています。存在率が異なります。この年銘のBb型は希少価値が高いといえます。組み合わせ手変わりになります。 昭和54年 左隅楼軒先:細い...
目次

昭和53年 左隅楼軒先:細い 1本線 隅棟:先端跳び上がり Bc型

昭和53年銘には3種類に大分類されることを記載しました。昭和52年から刻印は同じものがあり、Ba、Bb型があります。今回紹介する昭和53年 Bc型は翌年の昭和54年、昭和55年、昭和56年にも同じ図案が見ることができます。このBc型というア...
目次

昭和53年 左隅楼軒先:細い2本線 Bb型

昭和53年銘にはBa型である「左隅楼軒先: 細い1本線」、Bb型の「左隅楼軒先:細い2本線」、Bc型の「左隅楼軒先:細い1本線 隅棟:先端跳び上がり」の3種類に分類できます。なかでも今回紹介するBb型は存在数が極めて多くおよそ8割を占める量...
目次

昭和53年 左隅楼軒先:細い1本線 Ba型

昭和52年銘と53年銘のBa型は「左隅楼軒先:細い1本線」です。アルファベットが年号でつながっていることが多く、どの年号で使用されたかが分かります。10円青銅貨の手変わりがなぜ普及しないかの主な理由はコレクターが少ないことです。 昭和61...
目次

昭和52年 左隅楼軒先:細い2本線 Bb型

昭和52年銘には「左隅楼軒先:細い1本線」のBa型が主流であり、9割を占める。「左隅楼 細い2本線」の Bb型は希少性が高い。東京のコイン店や催事などで未使用を見つけているがまだ流通貨幣でも店頭で見つけたことがなくコイン店には置かれていない...
目次

昭和52年 左隅楼軒先:細い1本線 Ba型

随分と熱くなり熱中症対策をしなければならなくなり飲料水も頻繁に摂取するようになりました。今日は休養日でゆっくりとしていました。iPhone6sのカメラアプリを使い編集してみました。 お約束通り、手変わり分類を再開します。昭和52年銘には...
目次

新しいパソコンを購入しました

以前の日本エイサーのパソコンが壊れたので日本HPのパソコンを買いました。現行の10円と書籍を買うために残しておきましたので大打撃です。ヤフオクの出品は欲しい時に出るので常に自由に使えるお金を持っていないといけません。 先日、地元の貨幣研究...
目次

昭和51年 Ba型

ずいぶんと熱くなり、日焼けしました。今年も熱中症が心配になりました。書信館出版 株式会社よりCCFオークションのカタログが送られてきました。昨年、参加したためです。平成14年銘に新手変わりを見つけましたので後日紹介します。一枚しか確認してい...
目次

昭和50年 Ba型

現行10円青銅貨の手変わりにおいてアルファベットの意味がご理解されたことと思います。今回のBa型は、「左隅楼軒先:細い1本線」であることが特徴です。 今回もBa型のものを紹介します。 昭和50年 Ba型 「左隅楼軒先:細い1本線」 存在...
タイトルとURLをコピーしました