2018-02

目次

昭和61年 後期 Cf型(タイプ)

Amazonに注文しておいたスマホ用の広角レンズ、魚眼レンズ、マクロレンズの3点セットがようやく届きました。注文して到着する期限を過ぎていたためにキャンセル扱いをしました。中国から届きました。2月5日の消印があり、100円でした。すでにポイ...
目次

昭和61年 前期 Ce型(タイプ)

昭和61年前期と後期の10円青銅貨の手変わりに関しては神吉廣純先生をはじめ、古銭コレクター、業者など多数の方々が長い年月をかけてかかわっているために、筆者が着眼点を付け加えることには抵抗があるようです。 何といっても、神吉先生の「収集」(...
目次

昭和60年 Ce型(タイプ)

平成13年銘における稀少手変わり(稀少変化)には、プルーフに見られるCh型 左宝珠:切れ目有、階段切れ目:有 が挙げられます。新しい情報も含め紹介いたします。 昨日、地元の自販機で10円青銅貨を集めていましたところ、通常貨の平成13年に階...
目次

昭和59年 後期 Ce型(タイプ)

10円青銅貨の手変わりをはじめとする現行貨幣の手変わりは、10年ほど前にも収集界でも話題になりましたがその時は特に注目されませんでした。現在、10円青銅貨の手変わり別収集はこれまで収集分野としてはあまり注目されてきませんでしたが、基本的な変...
目次

昭和59年 中期 Cd型(タイプ)

10円青銅貨の手変わり品の識別番号には同じ記号のものの場合の図柄は同じものである。例えば、昭和57年 後期 Cb型(タイプ)と昭和58年 前期 Cb型(タイプ)、昭和59年Cb型(タイプ)の宇治平等院鳳凰堂の左破風形状は階段型である。 ス...
目次

昭和59年 前期 Cb型(タイプ)

現行10円青銅貨の手変わりにのめりこむと大変です。終わりがありません。自動販売機や金融機関、釣銭、貨幣研究会から入手しようと懸命です。何しろ、超稀少手変わり品の昭和59年Cb型(タイプ)や「日本貨幣カタログ」に掲載されており人気のある稀少な...
目次

昭和58年 後期 Cd型(タイプ)

現行貨幣というとこれまでは古銭と違いとかく軽視されがちであった。しかし、PCGS-MS65RDやNGC-MS65RDの品の例を見ても分かるように現行貨幣のハイグレード・スラブ品に対する評価や認知度が高まってきている。 最近では、台湾のAC...
目次

昭和58年 中期 Cc型(タイプ)

現行貨幣のハイグレード品の価格も「日本貨幣カタログ」の評価よりも高値で取引されることが確実とされるようになった。筆者も「日本貨幣カタログ」の評価に追加してスラブコインの評価も参考に掲載してもらいたい。オークションの平均落札相場や業者の店頭の...
目次

昭和58年 前期 Cb型(タイプ)

毎年、CCFの低額品ブースでは最大の人気もの、一般のコレクターが最も多く、安い現行貨幣の未使用品(含む完全未使用)が取り上げられる。昨年、スラブ入りコインを数枚購入してからはめぼしいものを手に入れていない。未使用状態の現行銭の評価がグレーデ...
目次

昭和26年 Aaに類似タイプI PCGS-MS65RD をゲット

某オクより昭和26年 PCGS-MS65RDを入手しました。初年度ということでロール出しは少なく、状態の良いものはあまり残されていません。昭和33年 PCGS-MS65RDより高値でした。この出品者は想像すると、コインのコレクションを諦めた...
タイトルとURLをコピーしました