本文へスキップ
10円青銅貨の手変わり

プルーフ貨(平成8年〜平成16年)

ここで紹介している識別番号は通常貨およびプルーフ貨にも同じ特徴分類を持つ極印が使われていることを意味します。例えば、同じプルーフ貨の手変わりに見られる識別番号のCh型であれば平成8年、平成9年、平成10年にも同一極印が使われていることです。特徴分類も同じです。

ギャラリー

イメージ01

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

informationお知らせ

               
2021年10月3日
公開しました。
2021年9月4日
平成8年〜平成16年 プルーフ貨の手変わりを発表。
2021年8月30日
平成8年〜平成16年 までのプルーフ貨の手変わりをまとめています。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。

profile

しろねこ



TEL.
FAX.


年銘   識別番号  組み合わせ手変わり分類表 特徴  
 平成8年  Ch型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有  
 平成9年  Ch型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有  前期 新発見
 平成9年  Ci型  左露盤切れ目(左宝珠):無、階段石垣耳石切れ目:有  後期
 平成10年  Ch型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有  前期
 平成10年  Cj型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:無  後期 
 平成11年  Cj型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:無  前期
 平成11年  Ck型  左露盤切れ目(左宝珠):無、階段石垣耳石切れ目:無  後期
 平成12年  Ck型  左露盤切れ目(左宝珠):無、階段石垣耳石切れ目:無  
 平成13年  Ch型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有  前期 新発見
 平成13年  Ck型  左露盤切れ目(左宝珠):無、階段石垣耳石切れ目:無  後期
 平成14年  Cj型 左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:無 (存在可能性大  未見
 平成14年  Ck型  左露盤切れ目(左宝珠):無、階段石垣耳石切れ目:無  前期 新発見
 平成14年  Cl型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有、左基壇のへり切れ目:無  中期
 平成14年  Cm型   左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有、左基壇のへり切れ目:有  後期
 平成15年  Cl型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有、左基壇のへり切れ目:無  前期 新発見
 平成15年  Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有、左基壇のへり切れ目:有  後期 新発見
 平成16年  Cl型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有、左基壇のへり切れ目:無  前期 新発見
 平成16年  Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有、左基壇のへり切れ目:有  後期 新発見

































平成8年 Ch型



































平成9年 前期 Ch型



































平成9年 後期 Ci型




































平成10年 前期 Ch型





































平成10年 後期 Cj型




































平成11年 Cj型 前期































平成11年 Ck型 後期



































平成12年 Ck型


































平成13年 Ch型 前期


































平成13年 Ck型 後期



































平成14年 Ck型 前期


































「基壇のへりの切れ目」は実際にはない線です。昭和修理前は乱積みと呼び、いわゆるお城の石垣のように不定形の石が重なっている。その輪郭を太くデフォルメして表現したのだと思われる。そのため名前はありません。あえてつけるとすれば基壇のへり部分です。昭和修理後、平成修理後の基壇は「壇上積み」になっている。











平成14年 中期 Cl型
































平成14年 後期 Cm型


















「基壇のへりの切れ目」は実際にはない線です。コインは彫刻をするためにデフォルメされているために、実際にはないがコインにはある部分、逆に実際にはあるがコインにはない部分などがある。



















平成15年 前期 Cl型























平成15年 後期 Cm型

































「基壇のへりの切れ目」は実際にはない線です。






平成16年 前期 Cl型




































平成16年 後期 Cm型