本文へスキップ
10円青銅貨の手変わり

プルーフ貨(平成17年〜平成31年)

平成17年以降の平等院鳳凰堂はすべて同じ極印で作られています。

毎年、年銘側の年号を新たに変更する必要があるため極印は必ず変わります。また、ここで紹介している識別番号は通常貨とプルーフ貨にも同じ特徴を持つことが言えます。例えば、同じプルーフ貨の手変わりに見られる識別番号のCh型であれば平成8年、平成9年、平成10年にも同一極印が使われていることを意味します。特徴も同じです。

ギャラリー

イメージ01

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

informationお知らせ

2021年8月26日
プルーフ貨の手変わりとして平成17年〜平成31年を作成中。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。

profile

しろねこ



TEL.
FAX.


年銘   識別番号  組み合わせ手変わり分類 特徴
 平成17年  Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成18年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成19年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成20年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成21年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成22年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成23年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成24年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成25年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成26年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成27年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成28年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成29年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成30年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有
 平成31年   Cm型  左露盤切れ目(左宝珠):有、階段石垣耳石切れ目:有


鈴木和三郎研究者の付けられた名称のうち宝珠というよりは露盤宝珠といったほうがよい。











平成17年 Cm型














平成18年 Cm型














平成19年 Cm型















平成20年 Cm型















平成21年 Cm型















平成22年 Cm型















平成23年 Cm型















平成24年 Cm型















平成25年 Cm型














平成26年 Cm型














平成27年 Cm型















平成28年 Cm型















平成29年 Cm型















平成30年 Cm型















平成31年 Cm型