本文へスキップ
10円青銅貨の手変わり

通常貨(昭和45年〜昭和52年)

昭和45年、昭和46年、昭和52年には前期、後期などの手変わり品が目立ちますので特徴をつかみきれいなもの、当たり傷のないものをよく選び収集してください。

「現行貨の手変わりメイン情報BBS」の掲示板に投稿された過去の投稿より昭和45年 中期 Ba1型 を追加しました(千葉の収集家さんご提供)。未使用では確認していません。

ギャラリー

イメージ01

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

PHOTO TITLE

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

informationお知らせ

2021年10月29日
現行貨の手変わりメイン情報BBS」より昭和45年 中期 Ba1型 を追加しました。
2021年9月16日
作成中。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。ここに新着情報が入ります。

profile

しろねこ



TEL.
FAX.


年銘   識別番号  組み合わせ手変わり分類・特徴  備考
 昭和45年  Ac型  左側裳階屋根:跳び上がり、右側裳階屋根:跳び上がり  前期 非常に多い
 昭和45年  Ba1型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平、右露盤切れ目:  中期 非常に少ない (千葉の収集家さんご提供) 未使用では未見
 昭和45年  Ba2型
(Ba型)
 左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平、右露盤切れ目:有  後期 少ない
 昭和46年  Ac型  左側裳階屋根:跳び上がり、右側裳階屋根:跳び上がり  前期 少ない
 昭和46年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平  後期 非常に多い
 昭和47年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平  100%
 昭和48年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平  100%
 昭和49年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平  100%
 昭和50年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平  100%
 昭和51年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平  100%
 昭和52年  Ba型  左側裳階屋根:水平、右側裳階屋根:水平、左翼廊楼閣軒先:細い1本線  前期 非常に多い
 昭和52年  Bb型  左翼廊楼閣軒先:細い2本線  後期 非常に少ない



カラーについて

カラーは貨幣極印と一体になって圧印に使用される重要l工具であるが、創業以来のカラーの製造実績およびその使用実績については、局長年報書で取り扱われていなかった。

初めて年報書上報告されるようになったのは、昭和26年度第78年報書からで、貨種別製造個数と局別使用個数およびその耐用命数が記録されている。

通常カラーの耐用命数は、極印の数倍から十数倍に及ぶので、極印に比べ所要個数は少ない。しかし、近年貨幣製造高が飛躍的に増大するにつれ、カラーの所要数も増加してきたので、昭和46年度から、従来の炭素鋼カラーを、超硬合金によるカラーに変更、効果を挙げている。

(「造幣局百年史・資料編」1974年、364頁)。






NGC MS-65RB
































昭和45年 前期 Ac型



NGC MS-64RD









 






昭和45年 Ac型 前期































昭和45年 中期 Ba1型 (千葉の収集家さんから画像をお借りしました)







自己所有品のうち最も状態の良いもの。流通貨だが普通は全体が同じような摩耗と考えられるため、左露盤切れ目(左宝珠)有、ははっきりと識別できる。そのため右露盤切れ目:無も摩耗によって右露盤切れ目の線が失われたものとは考えにくい。Ba1型の後期の中から襟銭しましたが中期のBa1型は僅か3枚だけでした。超稀少品と言えます。































昭和45年 中期 Ba1型



































昭和45年 後期 Ba2型 (Ba型と同じ)





「造幣局100年史・資料編」大蔵省印刷局、1974年、363頁によると、「昭和46年度から、長命かつ均一寿命をもつ極印を求めて国産の極印用鋼材によるテストに着手。」と記載がされている。





























昭和46年 前期 Ac型







PCGS MS64RD






























昭和46年 後期 Ba型







NGC MS65RB













昭和47年 Ba型


































昭和48年 Ba型

































昭和49年 Ba型




































昭和50年 Ba型

































昭和51年 Ba型








































昭和52年 前期 Ba型








































昭和52年 後期 Bb型